神木隆之介、石田ゆり子演じる貴恵の弟役で出演

古賀友利(神木隆之介)
古賀友利(神木隆之介)

神木隆之介が、1月28日に放送された堤真一主演のドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第2話より出演。神木が演じるのは、石田ゆり子演じる新島貴恵の弟・古賀友利(こが・ゆうり)。原作にはないドラマオリジナルキャラクターとなっている。

原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融による同名漫画。10年前に愛する妻を失い生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会をするところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていた! 元愛妻家の夫、生まれ変わった妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘……ちょっと変わった3人による心温まる家族再生の物語。

友利はアルバイトで食いつなぐフリーターで生活は崖っぷち。姪にあたる麻衣(蒔田彩珠)とは仲がいい。理想の生き方を探すために毎日闘っているのだが、違和感を持ちながら時の流れに身を委ねているという役どころ。

古賀友利(神木隆之介)
古賀友利(神木隆之介)

実は神木は1月21日に放送された第1話から登場していた。麻衣と電話をしている“謎の青年”は神木演じる友利だったのだ。また、第1話の最後で新島圭介(堤)が白石万理華(毎田暖乃)にプロポーズする姿を目撃した青年も友利だ。第1話の放送時、「え? いま神木くんいた!?」「声が絶対神木くんだった」「左頬のホクロが一致している」などといった“考察”がSNSで話題となっていた。また、麻衣との関係性についても「ヒモ彼氏!?」といった投稿が多くあり、“謎の青年”の正体についても盛り上がりをみせていた。

圭介や麻衣だけでなく友利もまた、大好きだった姉の貴恵を突然亡くしてからある思いを抱えて生きているようだ。小学生になった貴恵と再会することで、友利が自分自身の人生とどう向き合っていくのか?

<2月4日放送 第3話あらすじ>
新島圭介(堤)はスマホのメッセージに反応がない白石万理華(毎田)のことが気になり、仕事が手につかない。昼休み、圭介の様子を心配した守屋好美(森田望智)が声をかけるが、心ここにあらずだ。お弁当も持っていない圭介に、守屋は自分の玉子焼きを分けてあげる。

ホームページ制作会社に就職した麻衣(蒔田)は、先輩社員について初めて取引先の元へ。小さな工務店を営む社長の息子・愛川蓮司(杉野遥亮)にパソコン操作を説明することになるも、緊張のあまりうまくできない。しかし、一生懸命な麻衣に蓮司は好感を持つ。

圭介はようやく万理華と連絡がついて安心したものの、彼女にも家庭の事情がある様子。万理華の両親のことを思い、圭介と麻衣は複雑な心境に。一方、万理華は古賀友利(神木)のことが気になっていた。友利のアパートを訪ねると、10年前と変わらない怠惰な生活ぶり。万理華は“姉”として友利の尻を叩く。そんな中、圭介は家族3人での日帰り旅行を提案。貴恵(石田)、麻衣との思い出の水族館へ行くことに。

画像ギャラリー

PICK UP