犬飼貴丈“獅郎”、裸で板尾創路にしなだれ…「色気がすごい」「妖艶」

犬飼貴丈“獅郎”、裸で板尾創路にしなだれ…「色気がすごい」「妖艶」

鈴木伸之が主演、犬飼貴丈が共演するドラマ『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第3話が、1月27日に放送。犬飼演じる英獅郎の色気たっぷりのシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、「堅物な公安捜査官」と「ミステリアスなヤクザ」による“禁断のバディ”が繰り広げる物語。2人は協力し合う関係を周囲から隠すために偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。

国下一狼(鈴木)が獅郎のマンションに転がり込み、2人は同居しながら央莉音(栗山千明)の失踪事件を追うことに。その様子は仲睦まじい同棲カップルのように見え、獅郎の舎弟たちはザワつく。

そんな中、失踪前に莉音が追っていた、内閣総理大臣の大須公昭(板尾創路)をはじめとした4人の政治家の子供たちが通う東永大付属中学の創立パーティがある事を一狼が突き止める。協力者“S”を侵入させ、4人の子供の関係性や、その子供たちの1人である東幸子(中田クルミ)に何があったのかを調査するのだが、Sが卒業生たちから聞き出した会話の録音音源を聞いていた一狼は、何者かに襲われてしまう。

一方、獅郎は大須総理と密会。ベッドの上で、2人が偶然出会ったときのことを「目が合ったときすっごくゾクゾクしました」と上目遣いで語りかける獅郎。反応がない大須総理に「冷たいね。俺、あなたのこと何も知らない」と拗ねたようにぼやきつつ「俺はうれしいよ。あなたの秘密になれて」としなだれかかる。すると彼は息子・匡(吉村界人)のことを話し始め、獅郎は、匡の持つ問題に切り込もうとするが、はぐらかされてしまう。

大須公昭(板尾創路)
大須公昭(板尾創路)

視聴者は、この密会シーンに大興奮。バスローブを纏った大須総理に裸の獅郎がもたれかかり、色気たっぷりで秘密を聞き出そうとする様子に、SNS上では「エロすぎ」「色気がすごい」「妖艶」といったコメントが書き込まれていた。

次回、第4話は2月3日に放送。公安の上司・田口(徳井義実)が一狼を任務から外すと言い渡し、獅郎との関係を断つようにと命じる。

画像ギャラリー