鬼越トマホーク・坂井、後輩トリオの解散話で涙

鬼越トマホーク・坂井、後輩トリオの解散話で涙
最新エピソードを無料視聴

ダウンタウン浜田雅功松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00〜)が、1月26日に放送。今回は「不仲芸人対抗!スピード解散選手権」と題し、不仲のコンビ4組に解散ドッキリを敢行。コンビ解散宣言までのスピードを競った。

1組目は吉本興業代表・鬼越トマホーク金ちゃん坂井良多)推薦のバビロンおーちゃんノリ千葉ストロガノフ)。39歳にして親から月40万の仕送りをもらう千葉が仕掛け人となり、「まっすぐなマッチョで貧乏、キレやすい」というノリを焚きつける作戦に出るが、千葉とおーちゃんだけの会話が続く。しばらく横で沈黙し続けるノリだったが、自身の筋トレをけなされたことで激怒。箱ティッシュを千葉に投げつけると、さらに殴りかかり、3人は解散することで納得。16分28秒の記録を叩き出す。

そこで、鬼越トマホークがネタバラシ。坂井は「まぁ、禁断の企画だと思う」とドッキリの企画趣旨を説明しながら、なぜか涙声に。「ごめんな……。ずっと聞いてたから……」と、10年来の後輩の解散劇を間の当たりにし、熱いものがこみあげる坂井だった。

そして、3組目として登場したのは、太田プロ代表・アルコ&ピース酒井健太平子祐希)推薦のコンピューター宇宙はっしーはっぴー、ブティックあゆみ)。酒井と仲の良いはっしーに酒井の悪口を吹き込むことで刺激すると、目論見通りにはっしーは激怒。「酒井さんマジですごいから、知らないだけで」と、語り始めるが、ヒートアップするにつれ、話の矛先が思わぬ方向へ。酒井は「えっ、代理戦争っつー話?」と焦りはじめて……。

思わぬ展開に巻き込まれたアルピーに、SNS上では「無駄にダメージくらってる」「アルピーらしい展開」「趣旨と違う副産物が出てきて面白い」との声が。また坂井の涙に、「ちょっと感動した」「意外だった」などのコメントが寄せられた。

PICK UP