堤真一“圭介”が小4女子にプロポーズ!?『妻、小学生になる。』

新島圭介(堤真一)
新島圭介(堤真一)

堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第2話が、1月28日に放送される。

原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融による同名漫画。10年前に愛する妻を失い生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会をするところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていた! 元愛妻家の夫、生まれ変わった妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘……ちょっと変わった3人による心温まる家族再生の物語。

第1話では、10年前に最愛の妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家の新島圭介(堤)と娘・麻衣(蒔田彩珠)のもとに、ランドセルを背負った見知らぬ女の子・白石万里華(毎田暖乃)が訪れる。女の子は「私は新島貴恵。あんたの妻。麻衣の母親」「次の誕生日で10歳になるの。つまり10年前に死んで、また生まれ変わった。今日、いきなり思い出したんだよ」といい、それからというもの、頻繁に新島家を訪れ2人の世話を焼こうとする。

生気を取り戻した圭介は、万里華に「1つ提案があるんだ。君が18歳になったら結婚しよう!」とプロポーズし、万里華を戸惑わせる。ネット上では万里華を演じた毎田​​について「あっぱれすぎる」「完全に石田ゆり子さん」とコメントがあった。

<第2話あらすじ>
貴恵(石田)を亡くしてから止まっていた新島家の時間が、再び動き始めた。新島圭介(堤)は、小学4年生の白石万理華(毎田)が貴恵の生まれ変わりであると確信。人生に張り合いが生まれ、職場でもついニヤニヤしてしまう。そんな圭介を周囲は怪訝に思うが、異動してきたばかりの上司・守屋好美(森田望智)は、親切で誰にでも分け隔てなく接する圭介に好感をもつ。ただ、圭介のスマホの待ち受け画像が小学生の女の子だったことが気にかかる。

万理華にプロポーズした圭介は、その日の会社帰りに彼女が同級生のタケル(川口和空)から告白されているところに遭遇し、動揺する。さらに、圭介がプロポーズしている姿は実はある男に目撃されていたのだった。

そんな中、圭介の娘・麻衣(蒔田)は就職活動を始め、圭介と万理華は麻衣の就職祝いを買いに出かけるが、街で守屋とばったり会い、2人の関係を尋ねられ、戸惑うことに。