成田凌“藤木”、恋人が殺害された事件の鍵を握る人物を探すが…

成田凌“藤木”、恋人が殺害された事件の鍵を握る人物を探すが…

成田凌が主演を務める土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、1月22日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

恋人殺しの濡れ衣を着せられ、地位も名前も捨てて逃亡を続ける天才外科医・藤木圭介(逃亡時の偽名:鳴海健介/成田)。彼に残されたのは医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具だけ。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる。誰も見たことのない“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”が始まる――!

前回第1話では、天才的なオペ技術を持つ脳外科医・藤木が、同僚で恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)を病院の屋上から突き落として殺害したという“無実の罪(冤罪)”を着せられ、天才医師から一転、警察に追われる殺人犯へと転落する。逃亡を続ける藤木は、「鳴海健介」と名乗り海洋観測船・第一海風丸にアルバイトとして搭乗し、先輩観測員・沢井美香子(森七菜)と出会う。一方で、着々と藤木に近づく捜査網。そんな中、船上でまさかの大事故が発生してしまう……。

<第2話あらすじ>
逃亡中の雪山で滑落した藤木圭介(成田)。地元の少年・健太(白髭善)に発見された藤木は、山麓の喫茶店店主・香川照男(升毅)の車に乗せられ、病院へと運ばれる。身元がバレることを恐れ、診察を拒む藤木の前に現れたのは、なんとギプスをした沢井美香子(森)! 藤木の冤罪を信じる美香子は、藤木が持っていた地図の情報を頼りに、力になりたいと駆けつけた……。2人が駆け落ちだと早とちりした香川は、喫茶店の2階を仮住まいとして提供する。

そんな中、藤木は、香川の店に荷物を預けている登山客の中に亡き恋人・八神妙子(桜庭)の共同研究者・都波(酒向芳)の名前を見つける。都波こそ、藤木が探していた事件の鍵を握る人物。妙子は殺される直前、藤木に、自分に何かあったら都波教授に会うよう言い残していた……。

その頃、刑事の筋川二平(和田聰宏)の弱みにつけ込み捜査に介入する八神拓郎(松岡昌宏)は、都波が研究で出張中と聞き、藤木と都波がどこかで待ち合わせをしていると推測。さらに、妙子の部屋の遺品整理をしていた自称・友人の烏丸京子(前田敦子)に違和感を感じ、身辺を探ろうとする。

一方、香川の喫茶店に、健太の父・松田(林泰文)が、勤務先のローカルテレビ局のアナウンサー・島崎咲良(馬場ふみか)と共に取材許可を取るべく訪れる。息子・健太の持病のせいで急な休みを取ることが多い松田は、生意気な島崎の尻に敷かれ、いいように使われているが……。店を手伝う藤木の正体が指名手配犯であることに気づいた松田と島崎は、スクープ映像を撮ろうと画策する。

都波を探していた藤木は、ジョギングしている健太に鉢合わせる。急に咳が止まらなくなる健太を心配し、診察を始める。持病があるせいで自分が両親の負担になっていることに悩む健太は、自分を患者のように扱う藤木に怒り出す。病名を尋ねる藤木に、健太は「313」とだけ告げ、その場を去る。

そこに、スクープを狙う島崎が。島崎は、喫茶店の取材のフリをし、こっそり藤木を撮影しようとする。逃亡を決意した藤木だったが、助けを必要とする患者が現れる……それは、自分を救ってくれた少年・健太だった!

画像ギャラリー

PICK UP