永山瑛太“熊田”、金髪謎キャラ怪演に「全然雰囲気違う」

永山瑛太“熊田”、金髪謎キャラ怪演に「全然雰囲気違う」

菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が、1月17日に放送。ネット上では、物語の鍵を握る犬堂愛珠を演じた白石麻衣​​のビジュアル面に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

田村由美による累計発行部数1300万部突破の大人気同名コミックが原作の本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく令和版・新感覚ミステリー。

犬堂オトヤ(阿部亮平)がバスジャックをしている車両に、偶然乗車してしまった整。途中、まだまだ先があると公園のトイレ休憩に。オトヤは、全員で行くのではなく、一人ひとり向かうよう指示を出し、もし逃げたら残った乗客を全員殺すと脅した。「お前の責任でみんなが死ぬ!」と言うが、整は「それは違うと思います」とバッサリ。逃げた人がいてみんなが殺されてもその人のせいじゃない。「全部あなたのせいです。あなただけが悪いんです」とぶつけた。

整に興味を示したのは、後ろに座っていた金髪サラサラストレートヘアの熊田翔(永山瑛太)​​。「君、面白い人だよね」「面白くないです。それ地毛ですか、いいですね。直毛で」とのやりとりをした。そんな中、再び理論で整に詰められたオトヤは逆上。ナイフで整を襲うも、間一髪、熊田が助けてくれた。その隙を見て乗客の男(久保田悠来)がオトヤを攻撃。成敗したが、じつはその男もオトヤの仲間だった。

バスは犬堂家の屋敷に到着。乗客の男が、オトヤの兄であることも明かされた。2人はなぜバスジャックをしたのか。それは、彼らの妹・愛珠が、連続殺人事件の最初の被害者になったから。探偵を雇って足取りを調べると、最後にバスに乗っていたことがわかった。整は偶発的に乗ってしまったが、それ以外の人物たちは、そのバスの常連であり、彼女とともに終点で降りた。愛珠​​は屋敷にいるバスの乗客誰かに殺されたのだ……。

ネット上では、愛珠​を演じた白石に「美しすぎ」「ビジュアル完璧」の声が。熊田を演じた永山については「(普段のイメージとは)全然雰囲気違う」「振り幅がすごい」との声があった。

次回は1月24日に放送。整は、連続殺人事件の犯人が誰なのかの特定を始める。​​

画像ギャラリー