今井翼とかたせ梨乃演じる親子の絆に感動の声「涙が止まらなかった」

今井翼とかたせ梨乃演じる親子の絆に感動の声「涙が止まらなかった」

寺島進が主演を務めるドラマ『駐在刑事 Season3』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第1話が、1月14日に放送。ゲスト出演した今井翼かたせ梨乃が表現した“親子の絆”に、SNS上では感動の声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、緑豊かな奥多摩を舞台に、人情とユーモアあふれる人々が織りなす人間物語と、謎が謎を呼ぶ殺人事件が融合されたヒューマンサスペンスドラマ。2014年にスペシャルドラマからはじまり、その後連続ドラマ化された人気シリーズ。

ロボットのベンチャー企業社長・本郷俊介(今井)が詐欺容疑で指名手配される。ロボット事業のためクラウドファンディングで大金を集めたが、事業を開始しなかったため、被害者の会から訴えられたのだ。警視庁捜査二課刑事の和泉玲香(藤井美菜)が本郷のもとに向かったが、すでに姿を消していた。そんな時、本郷の母・八重子(かたせ)が暮らす奥多摩で本郷が見つかったと連絡が。玲香は至急奥多摩に向かい、かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史(寺島)に協力を求める。

その直後、水根渓谷で本郷を告訴した被害者の会代表・安西(中山卓也)の遺体が見つかり、本郷が容疑者と断定される。しかし江波は、誰かが偽装したのではないかと疑問に思う。そんな中、水根渓谷で新たな変死体が発見される。

その後、山にいた本郷に玲香が接触。追い詰められた本郷は崖から飛び降りてしまい……。そして江波は本郷がロボット事業を始めたきっかけは、足の悪い母のための歩行支援ロボットを作ろうとしていたことを見抜く。

この親子の絆にSNS上には「涙が止まらなかった」と感動の声が。また今井の演技を絶賛する声も多く、「いい演技するなぁ~」「こっちまで涙してしまった」といった感想が寄せられていた。

次回は1月21日に放送。奥多摩でオレオレ詐欺が多発する。

画像ギャラリー