小瀧望ら「鹿楓堂」メンバーの“ワチャ&イチャ”に注目

小瀧望ら「鹿楓堂」メンバーの“ワチャ&イチャ”に注目

小瀧望ジャニーズWEST)主演のドラマ『鹿楓堂よついろ日和』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)が、1月15日にスタートする。

和風喫茶「鹿楓堂」を舞台に、店主でお茶担当のスイ(小瀧)をはじめ、料理担当・ときたか(葉山奨之)、スイーツ担当・椿(なにわ男子大西流星)、珈琲担当・ぐれ(佐伯大地)ら心優しき4人の青年たちが、人生にちょっぴり傷ついた客の心とお腹を満たしてゆく、おいしくて優しい“癒やし系飯テロドラマ”。

第1話で、鹿楓堂にやって来るのは、仕事に追われて休むことを忘れた女性・つばさ(ファーストサマーウイカ)や、時代の流れに逆らえず、廃業を決意したお茶屋の店主・天神猛彦(伊武雅刀)とその孫・小鶴(田畑志真)。スイらは、おいしい料理やスイーツ、見た目は微妙過ぎるけど味は最高のラテ……など、極上のグルメや絶品スイーツで、客たちを癒やしていく。そして、鹿楓堂メンバー4人が暮らすシェアハウスでの“ワチャワチャ感”、スイが看板猫・きなこをモフる“イチャイチャタイム”にも注目だ。

また、放送を前に、1月15日22時30分から鹿楓堂メンバーが番組の公式Instagram(@oshidora_ex)で、インスタライブを開催することが決定。小瀧、葉山、大西、佐伯の4人が、スタート前の心境や第1話のみどころをワチャワチャ感満載で語る。

<第1話あらすじ>
仕事の電話をしながら、カツカツとヒールの音を響かせて歩く女性・つばさ(ファーストサマーウイカ)。ふと足を止めると、目の前に趣のある古民家風の和風喫茶「鹿楓堂」が現れる。吸い寄せられるようにつばさが店に足を踏み入れると、着流し姿のスイ(小瀧)が優しくほほ笑んでいた。

「いらっしゃいませ、鹿楓堂へようこそ――」

小さな悩みや、誰にも言えない寂しさを抱えて店を訪れる客を温かく出迎えるのは、店主でありながらヘタレ天然ぶりを発揮する天真爛漫なお茶担当のスイ、演歌に時代劇とシブい趣味をもちおじいちゃんのように達観した料理担当のときたか(葉山)、照れ屋でツンデレで負けず嫌いな毒舌最年少のスイーツ担当の椿(大西)、そしてイタリア人と日本人のハーフの奇怪なラテアートで周りを惑わす裸族、ムードメーカーで珈琲担当のぐれ(佐伯)。

店の2Fでシェアハウスをしている4人は、歯磨きの順番で揉め、こたつから出てティッシュを取りに行く人で揉め、飼い猫のきなこをモフり、今日も今日とてにぎやかに暮らしている。

そんなある日、中学生の女の子・天神小鶴(田畑)がひとりでお店にやって来る。注文したわらび餅を食べ、とんでもなく幸せそうな笑顔を浮かべる小鶴だが、なぜかスイのお茶を飲んだ瞬間、表情を曇らせてしまう。理由がわからずモヤモヤしたスイは、思わず小鶴に声を掛け、買い出しついでに家まで送っていくことに。すると到着した小鶴の家の奥から天神猛彦(伊武)の怒鳴り声が聞こえてきて……。