町田啓太が祖母と入れ替わるダメ男に!『僕ドラ』ドラマ化作品が決定

町田啓太が祖母と入れ替わるダメ男に!『僕ドラ』ドラマ化作品が決定

町田啓太が主演を務めるドラマドキュメンタリー『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)の第2回が、1月12日に放送。漫画化&ドラマ化される作品が発表となった。

本作は、テレ東と電子コミック配信サービス「めちゃコミック」が合同で企画した、漫画化とドラマ化の作品を同時に選ぶプロジェクト。漫画をコンテストで募集し、大賞作品を「めちゃコミック」で連載、テレビ東京でドラマ化されるというもので、今回のドキュメンタリーでは漫画がゼロから生まれ、ドラマになる最後までを追いかける様子を全4回にわたって放送。また、コンテストで選ばれた大賞作品を原作にしたドラマが「水ドラ25」枠(毎週水曜25:00~)で2月にスタートする。

今回は、最終審査に進むことが決定した漫画家の夢を追い続ける40歳崖っぷちコンビ、SNS上で火がついた主婦漫画家、スランプに陥った孤高の天才漫画家の3組の漫画制作の現場に密着。本格的な漫画を作るための技術を使い制作する様子や、登場人物の色合いへのこだわり、壮大なスケールで描かれる物語を見て、町田はそれぞれ「泣きました」「お芝居的に挑戦味がある」「もはや映画で見たい」と大絶賛。

「全部演じたい」と言うほど悩みに悩み、スタッフと2時間話し合った結果、漫画化&ドラマ化するのは大盛のぞみさんの作品で、SNSが生きがいのイケメン大学生と祖母が入れ替わり、祖母の夢であったアイドルを目指すというハチャメチャストーリー『ダメな男じゃダメですか?』に決定。町田の出身地・群馬県の方言が盛り込まれており、「(町田の)要素を最大限に使っている」ことが決定打となった。

なお、配役も発表されており、町田演じる田町権太と入れ替わってしまう祖母・落合カツヨ役を宮崎美子、権太の恋人・葛西真央役を深川麻衣、権太の後輩・中野奏助役を加藤清史郎が務める。

次回は1月19日に放送。ドラマ制作の裏側に密着する。

画像ギャラリー