高畑充希、韓国とのキス撮影の違い語る「日本でハムハムは許されない」

高畑充希、韓国とのキス撮影の違い語る「日本でハムハムは許されない」

今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)が、1月12日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。この日は「好きなものに極端にハマる女たち」をテーマに、高畑充希、書道家・青柳美扇ふなっしーが出演。一度ハマると止まらない極端女たちの、どっぷり沼ライフを大公開する。

同番組は、ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのフットボールアワー後藤輝基チュートリアル徳井義実SHELLY指原莉乃がトークを繰り広げる。

ゲスト1人目の女優・高畑は、「韓国ドラマのキスシーンが大好き。めちゃくちゃ上手に撮ってる」と、プロの技が光る韓国ドラマキスシーンにドハマり。キスそのものよりも、角度、手の動き、照明の当て方といった演出面が気になり、「見だすと止まらなくなっちゃう」と明かす。中でもキスシーンが上手だと思う俳優として、“キス職人”と呼ばれるソ・イングクらの名前を挙げ、自ら選んだベストキスシーン映像が流れると、胸キュンすぎる展開に指原も「やだっ、私こんな気持ちのまま番組できません!」と大興奮。

さらに、「韓国のキスシーンはハムハムするけど、日本ではそれが許されないみたい」と話す高畑が、日本と韓国の撮影の違いや自身のキスシーンについて語る場面も。ほかに、現在極端にハマっている食べ物や、「めちゃめちゃ癒される。ずっと見てる」とドハマり中の神動画も紹介する。

ゲスト2人目は青柳。世界が注目する新進気鋭の書道家が明かすのは、ヤバすぎる食生活。「ハマったら毎日食べないほうが変」と、過去には茶わん蒸しにドハマりして1か月間毎日食べ続けたり、酸辣湯を2週間毎日食べ続けて胃炎になったことも。そんな超偏食の青柳が現在ハマっているのが火鍋。「台湾で食べてめちゃくちゃおいしくて、家で本格的にやってます」と、毎日食べ続けることなんと30日。しかも辛い火鍋を飽きずに毎日食べ続けるためのヤバすぎる工夫にスタジオ騒然となる。

また、「服も毎日同じものしか着ない」というファッションへの極端なこだわりを明かすと、指原が「後藤さんも……」と後藤の極端なファッションを指摘し、一同大爆笑。逆に、好感がもてる着こなしとして青柳をはじめスタジオの女性陣全員が「好き」と賛同した男性ファッションとは? さらに、「どうしても書きたい文字がある」という青柳がスタジオで書道パフォーマンスを披露する。

ゲスト3人目のふなっしーが極端にハマっているものは、以前も番組で紹介した「刀」。今回は、自宅の刀部屋に保管している総額およそ3千万円のコレクションの一部を公開する。中でも「一番大事にしている。今たぶんツイッターがバズってますよ。“何でおまえが持ってるんだ!”って」と、あの豊臣秀吉や徳川家康ら天下人も愛したというマニア垂ぜんの短刀を紹介すると、その衝撃の値段に「うそやろ!?」「1本で!?」とスタジオがどよめく。

また、「キャンプ動画を見て自分もしたくなった」と、キャンプにドハマりした結果、夏のキャンプ場で遭遇した悲劇を語るほか、冷蔵庫の中にコンビニ食品がパンパンに詰まった極端な食生活も明らかに。そんなふなっしーに、後藤が「ふなっしーそのものに飽きることはない?」と禁断の質問。ふなっしーが返した答えとは……!?

なお、前回の放送は、檀れい宇野実彩子AAA)、バービーフォーリンラブ)ら、肌トラブルを乗り越えて美肌を手に入れた女たちが出演した。

画像ギャラリー