板垣瑞生“黒瀬”、山本舞香“奈緒”への目隠しキスに「たまらんっ」

板垣瑞生“黒瀬”、山本舞香“奈緒”への目隠しキスに「たまらんっ」

山本舞香が主演を務めるスペシャルドラマ『デキないふたり』(テレビ朝日系)が1月3日に放送。ネット上では、ドキドキするキスシーンに「ごちそうさまです」と大満足の声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

LINEマンガ恋愛ランキングで1位を獲得した同名漫画を実写化した本作。2クール連続でフジテレビの「月9」枠を執筆した大北はるかが脚本を担当し、「チェリまほ」ブームを巻き起こした『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)の湯浅弘章監督がメガホンをとった。

Web広告会社で働く同期の白藤奈緒(山本)と黒瀬孝仁(板垣瑞生)は、仕事でライバル関係にあり、顔を合わせれば喧嘩をする犬猿の仲。じつは、2人は高校時代に交際していた過去があり、奈緒は初体験時に彼に告げられた「お前なんかじゃたたない」と言われたことがショックで、ほかの男性ともうまくいかない日々が続いていた。

そんな状況にも関わらず、大型のコンペを2人で任されることに。不本意ながらも黒瀬と過ごす時間が増えていく中で、ときおり見せる彼の笑顔や優しさにドキッとしてしまう。しかも「頼りにしてる」と自分を認めてくれる言葉まで……。

見事プロジェクトは成功。大きな仕事を任されるようになった奈緒が、夜遅くまで仕事をしていると、黒瀬がやってきた。またディスられるのかと思いきや、熱のある奈緒のおでこに冷却シートを貼り、そのまま目を塞いでキス。奈緒は激しく動揺するが、じつは黒瀬も動揺していた。彼もまた奈緒のことを忘れられず、7年前(高校時代)の初体験時、彼女から「気持ち悪い」と言われたことを引きずっていたのだ。

2人の間に気まずい空気が流れる一方、デザイナーの金城冬馬(塩野瑛久)が奈緒を狙っているだけでなく、彼女の前に元カレ・紺野賢太(高野洸)が現れる!

その後、奈緒と黒瀬の間に“誤解”があったことが分かり、改めて気持ちを確かめ合う2人。奈緒が「私が好きなのは黒瀬だから。本当最悪。大っ嫌いなのに、どうしてもあんたの顔が浮かんでくるの。何なの。超迷惑なんですけど!」と言えば、黒瀬も「もう二度と奈緒を傷つけない」と語りかけて……。

ネット上では、目隠しキスに新年初キュンした人も多く「やばいいい」「たまらんっ」「ごちそうさまです」とのコメントがあった。

画像ギャラリー