GENERATIONS片寄涼太らが挑戦した“伝説のピアノ奏法”に「感動した」の声

GENERATIONS片寄涼太らが挑戦した“伝説のピアノ奏法”に「感動した」の声
最新エピソードを無料視聴

GENERATIONS from EXILE TRIBE白濱亜嵐片寄涼太数原龍友小森隼佐野玲於関口メンディー中務裕太)が出演する『1分入魂~どうか1分だけ見てください~ 新春SP』(日本テレビ系)が、1月3日に放送。メンバーの全力を注いだ「1分動画」に、SNS上では絶賛の声が上がった。

日本最高峰のパフォーマンス力を誇るGENERATIONSが3日間全力でロケに臨み、世界中の人々を釘付けにする「最高の1分動画」を作り上げるバラエティ。メンディーと中務は「股間をドローンで隠しながら激しくダンスする」動画を、佐野と数原は山中湖で富士山をバックに「波に乗りながら歌舞伎を披露する」動画を披露する。

ライブでも生演奏するほどのピアノの腕前を持つ片寄と、ピアノで楽曲制作する白濱、ピアノは素人ながらも驚異の足さばきテクを持つ小森の3人は、「3人1台のピアノを使い、1分間の演奏を行う」動画作りにチャレンジ。映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「THIS IS ME」を4つの“伝説の奏法”で演奏する。

片寄は「背面奏法」、白濱は「ブリッジ奏法」、小森は「逆立ち奏法」と「つま先奏法」を担当。片寄は「一回(指が鍵盤から)いなくなると戻れない」、白濱は「ブリッジだとどこがどこの鍵盤だかわからない」と悩む。小森は指先での一度演奏したフォームを叩き込み、足で“再現”しようとするが、外反母趾に悩まされる。

最初こそ難儀する3人だが、持ち前のパフォーマンス力と猛特訓によって、みるみるうちに演奏をマスター。音楽ホールを舞台に、タキシード姿で伝説の演奏に挑む。はたして最高の1分間は訪れるのか!?

GENERATIONSの才能が炸裂する1分動画の数々に、SNS上では「感動した」「GENEにしか作れない動画」「真剣に真面目に取り組んでいるのが素晴らしい」と絶賛の声が相次いでいた。