YOSHIKI、ひとりチームで格付けチェック参戦!控え室で作曲の余裕も

YOSHIKI、ひとりチームで格付けチェック参戦!控え室で作曲の余裕も

浜田雅功ダウンタウン)が格付けマスターを務める『芸能人格付けチェック! 2022お正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系)が1月1日に放送。今回はYOSHIKIがひとりだけの「チームYOSHIKI」として参戦し、個人8連勝記録の更新に挑んだ。

100万円と5000円のワインを見分ける最初のチェックでは、Aのワインを前に「色だけでわかる」と豪語するYOSHIKI。「色見たらわかる、ってグラサンしてるやん」とツッコむ浜田に「飲まなくてもわかる」とまで言い放つが、続いてBのワインが運ばれてくると、明らかに動揺。「Oh my god」と突如英語であわてはじめるが、なんとか正解する。

総額65億円の楽器と総額500万円の楽器の六重奏を聴き分けるチェックでは、Bを選んだ他チームに対し、ひとりだけAを選択。控え室に置かれたお菓子のフタをなかなか開けられず、悪戦苦闘する様子をカメラに捉えられるも見事正解し、「これは間違えようがないですね」と思わずドヤ顔、最高級フォアグラと冷凍フォアグラ、マンボウの肝を見分けるチェックでは「マンボウを食べたことがない」と不安の表情を見せるも正解。

その後も快進撃を続けるYOSHIKI。アルゼンチンタンゴの世界的なプロ、トップレベルのアマ、趣味のアマを見分ける難易度の高いチェックでも正解。その後のチェックでは、控室で作曲や電話に没頭するなど、余裕の態度を見せるが、近江牛と豚肉、カエル肉を見分けるチェックでは激しく困惑。その後の結果発表では思わずヒザから崩れ落ちる。はたして連勝記録は更新されるのか、それとも……!?

SNS上では、真剣にチェックに取り組み、結果に一喜一憂して見せるYOSHIKIの姿に「さすが超一流」「人柄のよさが滲み出てる」と絶賛の声が。控室で“作曲”されたオリジナル曲にも「少し寂し気なメロディがステキ」との声が上がっていた。