ROLAND、一過性の人気に不安…マツコも本音告白「今はもう…」

ROLAND、一過性の人気に不安…マツコも本音告白「今はもう…」
最新エピソードを無料視聴

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。12月25日の放送では、ホスト界の帝王から実業家に転身したタレント・ROLANDを深堀りする中で、マツコが自身のメディアでの必要性について語る場面があった。

実業家として注目されているROLANDは現在29歳。「現代ホスト界の帝王」と呼ばれ、ホストクラブも経営していたのだが、新型コロナウイルスの影響を受けて閉店。そこから実業家に転身し、わずか2年で8つの事業を展開、300人を超える社員を雇うほどとなった。それには影の努力もあり、社員の顔写真を見て名前を覚え、趣味を把握するなど、ホスト時代に培った経験を活かす場面も。

しかし、事業が成功し、メディアに出る機会が増えてきたことから、不安に思うことも増えたよう。ROLANDは「自分が時代じゃなくなってきたと痛感する瞬間が来ると思うんですけど」とこのメディアの世界で10年以上活躍しているマツコに話を振ると、マツコは「もうとっくに感じてる」とキッパリ。「テレビに出始めて17年くらい経つんだけど、時代のトップランナーを走っていると思ったのは10年以上前」と言い、「今はもうオワコン……古いセンスでやらせてもらってる」と自身が旬ではないと思っていることを明かす。

そんなマツコはROLANDに対し、メディアに出る上での“キャラ作り”について「素でやっている部分とサービスでやっている部分はどれくらいの割合なの?」と質問すると、「昔は8(虚像):2(素)くらいでやってましたけど……」と“世間が求めていることを言おう”と思っていたこともあったよう。しかし、マツコが「今話している感じだと、そんなに作っていないのかと思った」と印象を明かすと、「今の方が純ROLANDに近いかな」と語っていた。

次回は2022年1月8日に放送される。

PICK UP