安田顕、“人生の終わり方”占われ「ぽっくりいけるのは嬉しい」

安田顕
最新エピソードを無料視聴
安田顕

安田顕が、12月22日に放送された『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)2時間スペシャルに出演。「人生の終わり方」を占ってもらうと、「73歳」「寒い時期」という具体的な時期が飛び出した。

天星術師・星ひとみによると、安田は地球グループの“山脈タイプ”。公園の砂場の山や、富士山のような大きな山もパターンとなる山脈タイプは、自分でコツコツ積み上げていき、大きくなるタイプだと説明。「本来はすごく真面目で、何かを決めたらずっと続ける星」という安田は、携帯番号や暗証番号、さらにパジャマまでずっと同じものを使っていると言い当てられる。

さらに、幼少期の様子や医療事務の仕事を辞めた時期まで言い当てられ、安田は驚きのあまり大笑い。なお、現在の安田は仕事を辞めた時と同じく“整理整頓の時期”に入っているそうで、「いる物・いらない物をジャッジしたほうがいい」とアドバイス。物だけでなく、“人”も対象になるそうで、思い当たるふしのあった安田は納得の表情。星は「ここで決めなきゃ、来年が精神面・体調面に来ちゃう」と続け、そのせいで「がん細胞が活性化しやすい。胃腸系にくる」と具体例を挙げると、安田は「この間大腸カメラをやって、良性でしたけど腫瘍を取りました。今、下痢が続いている」と見事に当てはまっていると告白した。

そして、安田が気になっていた「人生の終わり方」について。「何歳くらいに、どんな風に死ぬのか」を聞くと、星は「一番怖いのは心筋梗塞的な“いきなりタイプ”」と分析。「ハメをはずしてお酒をめちゃくちゃ飲んだり、カラオケでワーって言ったり、超楽しくなってそのまま……ということがある」と言われるのだが、それに対し安田は「ぽっくりいけるのは嬉しい」と笑顔を見せる。さらに「73歳」「寒い時期」と注意する時期まで教えられ、安田は「北海道の路地裏の居酒屋とかで……」とシチュエーションまで頭に浮かんでいるようだった。

次回は2022年1月19日に2時間SPが放送。