小宮璃央“慎二”、祖父の介護で心が疲れ…

小宮璃央“慎二”、祖父の介護で心が疲れ…

鈴木ゆうか小宮璃央がW主演を務める水ドラ25『JKからやり直すシルバープラン』(テレビ東京系、毎週水曜24:10~)の第7話が、12月23日に放送。今回は、シルバープラン最後の柱「健康」を展開する。

同ドラマは、キルタイムコミュニケーション刊行の累計30万部越えの大人気コミックが原作。傲慢なお嬢様・二ノ宮小百合(鈴木)が「シルバープラン」に則って、“やりすぎた過去を反省し、自分を律するために高校時代からやり直す”という新しい切り口のタイムリープ作品。タイムリープした世界の高校で、尾上慎二(小宮)と出会い……。

第6話では、ドラマの予算が1話分足りなくなってしまい、予算削減のため、急きょシルバープランの部屋でお金の話だけをすることに。小百合たちは、NISAとiDeCo、どっちが得? FXって儲かるの? 老後2000万円問題の真相は? といった実際に役立つお金の知識を学習した。

<第7話あらすじ>
シルバープラン、最後の柱は「健康」。ある身体の一部を大切にするかしないかで、健康寿命が大きく変わるという。

いつものように議論を繰り広げる中、一人で祖父の介護をしている尾上慎二(小宮)は疲れ切っていた。大好きな写真もしばらく撮っていない……。

そう、“心の健康”も体と同じくらい大切なのだ。心の病気は若い世代こそなりやすい。二ノ宮小百合(鈴木)たちは、慎二を励まそうと東奔西走し、ある行動に出る。

画像ギャラリー

PICK UP