マツコ、抹茶などの進化系ティラミスを堪能!

ティラミスを味わうマツコ・デラックス
最新エピソードを無料視聴
ティラミスを味わうマツコ・デラックス

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。12月21日の放送では、「ティラミスの世界」と「クリスマスグッズの世界」が紹介される。

1990年代のイタめしブームで脚光を浴びたスイーツ、ティラミス。その本場イタリアでは地方や家庭ごとに違いがある家庭の味だそうだ。そんな「ティラミスの世界」を語ってくれるのがイタリアと日本をまたに掛け、1000種類以上のティラミスを食べたてきた料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ。留学生として来日したベリッシモが驚いたのは、日本の洋菓子店やコンビニエンスストアやファミリーレストランなど、いたるところでティラミスが売られていたこと。そこでベリッシモが見てきた、日本で独自に進化したティラミスの優れた点を教えてもらう。

ベリッシモ・フランチェスコ
ベリッシモ・フランチェスコ

苦みと甘さを見事に演出した抹茶のティラミスや、豆腐や日本酒と融合させたティラミスなどがマツコの舌を唸らせる。そしてローマ生まれのベリッシモが故郷を思い出す、本格ティラミスの名店も紹介する。さらに世界のトップブランドが作ったティラミスも登場する。

また、ベリッシモ流! 自宅で簡単に作ることができる究極のクリスマスティラミスのレシピも大公開。ベリッシモのトークとティラミスの深い味わいにマツコが惹き込まれていく。

「クリスマスグッズの世界」
「クリスマスグッズの世界」

そして、「クリスマスグッズの世界」を語るのは40か国を巡って2000点以上を収集し、自宅で美術館を開いた清水純子さん。日本ではパーティ的なイメージが強いクリスマスも、 海外では宗教的な意味合いが強い。そこで各国で古くから受け継がれてきた、心温まるクリスマスグッズにまつわるエピソードを聞く。

フィンランドの「ヒンメリ」やドイツの「くるみ割り人形」、キャンドルスタンドのような「クリスマスピラミッド」など世界の珍しいクリスマスグッズを紹介する。さらにサンタクロースだけではない、クリスマスを盛り上げる個性的なキャラクターたちも紹介してもらう。果たしてマツコを喜ばせるクリスマスグッズとは何か?

なお先週の放送では、片桐仁が出演し「粘土の世界」を紹介した。

画像ギャラリー

PICK UP