道枝駿佑“青木”&目黒蓮“井田”、声を震わせながら思いを伝えるシーンに「すべてが最高」

道枝駿佑“青木”&目黒蓮“井田”、声を震わせながら思いを伝えるシーンに「すべてが最高」

道枝駿佑なにわ男子)と目黒蓮Snow Man)がW主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の最終話(第10話)が、12月18日に放送。やっと思いが通じ合った青木想太(道枝)と井田浩介(目黒)にSNS上では「良かった」「すべてが最高」といった声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

現在「別冊マーガレット」(集英社)で好評連載中のアルコが作画、ひねくれ渡が原作を担当する同名漫画をドラマ化した本作。青木、井田、橋下美緒(福本莉子)、相多颯斗(鈴木仁)……勘違いから始まった高校生たちの一生懸命でちょっぴりおバカな恋と青春を描く人気ラブコメ。

学校の一大イベント「クリスマスイルミネーション点火祭」が迫る中、井田との気まずさを解消したい青木はケーキ作りに余念がない。あっくんへの2度目の告白を決意した橋下さんと共に調理室で話していると、そこに井田がやって来る。「バレー部の連中に青木と付き合っていることを伝えた」という井田。「なんで言うんだよ!」と怒りを露わにした青木は、「もう別れよう」と言ってしまうのだった。

そのままバレー部の練習試合に出かけてしまった井田。なぜか部員たちが井田にボールを集めようとしており、その理由を井田が聞くと、試合前に青木が部員たちの前にやって来て「井田とこれまで通り普通でいてくれ」と頭を下げたのだという。そんな青木のために「井田にボールを集める」と決めた部員たち。それを知った井田は真っ先に青木のもとに向かい、思いっきり青木をバックハグ。「青木がちゃんと好きだ」と思いを伝え、改めて両思いであることを確認。「いちいち口に出さなくてもわかるだろ、そんなこと!」と青木も井田を抱きしめ返すのだった。

やっと思いが通じ合った2人。声を震わせお互いの気持ちをぶつけ合う様子に、SNS上では「気持ちが伝わって来て号泣」「2人ともおめでとう!」「すべてが最高すぎるドラマ」と、絶賛の声が溢れていた。

画像ギャラリー