杉咲花​​“ユキコ”と杉野遥亮“森生”の結末に「最高のハッピーエンド​​」

杉咲花​​“ユキコ”と杉野遥亮“森生”の結末に「最高のハッピーエンド​​」

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話が、12月15日に放送。ネット上では、赤座ユキコ(杉咲)と黒川森生(杉野遥亮)の恋の結末に号泣する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校生・ユキコと、喧嘩っ早いが純粋なヤンキーの森生、運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。

2人が別れて1年。ユキコは就職が決まり社会人に。森生は、九州から店舗が撤退することになり、お役御免で退職。東京に戻ってきていた。そんなある日、橙野ハチ子(生見愛瑠​​)と緑川花男(戸塚純貴​)の結婚式が開催。もちろんユキコたちも参加した。

ユキコは緋山翔太(小関裕太)と交際するためではなく、自分の背中を押すために別れを告げてきた――。その事実を聞いた森生は、1年足らずで帰ってきてしまった自分が情けなく合わせる顔がない、とユキコにバレないよう“こっそりと”式に参加。

後日、タガが外れたように出勤・退勤するユキコの後をつけ、話しかけることもなく静かに見守る森生。しかし、すぐにバレてしまう。お互いの近況を話す中で「今も『美味しい』って言われるのが一番好きなんじゃないですか?」と森生。夢を捨て現実と向き合っていたユキコは、彼の言葉にハッとする。一歩踏み出すことを決めた彼女は、調理師専門学校のオープンキャンパスへと参加した。

一方、金沢獅子王(鈴木伸之)はある日、体調を崩し、イズミ(奈緒)が看病に。獅子王は、動けなくて絶望しているときに頭に浮かんだのがイズミだったと告げる。そんな中、見舞いにきた森生が女性の靴を見て帰ろうとすると、獅子王は思わず「森生のことがずっと好きだった」と告白。

突然のことに森生は「マジか……獅子王! 照れんじゃねえか。いや、そんなそぶりとか全然」と反応。自分はユキコへ好意を持っているため、どう返したらいいのかわからない。「『ごめん』いや『ありがとう』だな」とはにかんだ。

そこで獅子王は、“大事だと思える人”ができたと報告。森生と別れたあと、玄関先で話を聞いていたイズミに思いを告げた。

やりたいことが見つかるまで、ユキコと会わないと決めていた森生が、「夢を見つけた」とユキコをキッチンカーの前に連れてきた。店をやりたいが、自分は調理には向いていない。そこでユキコに手伝ってほしいとお願いする。

「俺がやりたいことって、ユキコさんと一緒にいることなんで」……。じつは、ユキコも同じことを思っていた。「私は黒川といる時が一番楽しくて世界が広がる。だから私は黒川と一緒にいたい」。2人は涙のハグをかわした。

ネット上では、笑顔溢れるラストに「号泣」「最高のハッピーエンドをありがとう」との声が。獅子王と森生、そして獅子王とイズミの関係性に「森生の対応、素敵過ぎる」「(イズミとの)関係性がとっても好き」​​とのコメントがあった。

画像ギャラリー

PICK UP