眞島秀和演じるサラリーマンの“居酒屋新幹線”に反響「飯テロ過ぎる」

眞島秀和演じるサラリーマンの“居酒屋新幹線”に反響「飯テロ過ぎる」

眞島秀和が主演を務める新ドラマ『#居酒屋新幹線』(MBS、毎週火曜24:59〜/TBS、毎週火曜24:58〜)の第1話「新青森編」が、12月14日に放送。眞島演じる主人公・高宮進が新幹線の車中でご当地グルメに没頭する姿に、SNS上では「飯テロ酒テロ」「飲みながら見たい」との声が上がった。

損保会社の内部監査室で働くサラリーマン、高宮が、出張先で見つけた極上のグルメやお酒を帰りの新幹線でひとり居酒屋のように堪能する、ご当地テイクアウトグルメドラマ。今回はゲストに新山千春を迎え、青森のご当地グルメを堪能する。

青森支店で仕事を終え、帰りの新幹線で堪能するグルメを探す高宮。青森魚菜センターで海産物を買おうと立ち寄るが、津軽弁の店員・横山しのぶ(新山)には「ナマモノなのでテイクアウトはできない」と断られてしまう。

あきらめきれず、センターのなかをぶらつく高宮。店の人々の津軽弁の聞き取りに難儀しつつ、気がつくとにしんの切込みとミズの煮物を購入。さらなる品を求めて街中を歩くと、一軒の料理屋に入っていく横山に遭遇。思わず尋ねると、「この店は実家」だという。「市場での津軽弁はサービス」と、先程よりも訛りの少ない言葉で話す横山。「青森のは他とちょっと違うんだよね」と鍋のフタを開け、生姜味噌おでんを振る舞う。

帰路、新幹線の座席で青森の地酒「菊乃井」をあけた高宮は、すべて青森産で揃えた食卓を前に「居酒屋新幹線」を開店。SNSに画像をアップするとフォロワーから次々とコメントが。高宮はフォロワーを「常連客」に見立て、目の前の逸品たちに没頭する。

SNS上では「高宮の食への執念に共感した」「飯テロ過ぎる」「飯テロ酒テロ」「飲みながら見たい」との声が。また、ドラマ仕立てのご当地グルメ紹介に「由来を知ることができて楽しい」とのコメントが寄せられた。

次回、12月21日放送の第2話「仙台・伊達政宗編」では、お豆腐揚かまぼこ、支倉焼など、仙台名物の影に隠れた逸品を堪能する。

PICK UP