オダウエダ『THE W 2021』5代目王者に!気になる優勝賞金の使い道は?

オダウエダ『THE W 2021』5代目王者に!気になる優勝賞金の使い道は?

女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』(日本テレビ系)の決勝が12月13日に放送され、2年連続決勝進出となった吉本興業所属のオダウエダ(小田結希、植田紫帆)が5代目王者に輝いた。

過去最高の700組がエントリーして行われた本大会。最終決戦はAブロックを勝ち上がったオダウエダとBブロックを勝ち上がったAマッソ加納村上)、視聴者投票の「国民投票枠」で選ばれた天才ピアニスト竹内知咲ますみ)の3組が激突。オダウエダが見事優勝に輝き、賞金1000万円を獲得した。

小田は大会後の囲み取材で「自分の人生でこんなことあるんやなって……」と感慨深げに話し、勝因については「自分たちのするべきことをきちんとやった。そういうことですかね」と分析。続けて優勝賞金の使い道を問われると、「お母さんに500万渡します」と即答して笑顔を見せた。もっとも優勝賞金を相方と折半することには抵抗があるとのこと。「本当は1000万とゼロで分けたい」とぼやいて笑わせ、これに植田が「なんとか3、7でお願いします」と懇願してさらに場を盛り上げた。

植田も「去年は負けて、ずっと勝つという気持ちで頑張って来た。だから勝てて嬉しい」と小田同様感激しきり。「Wは(優勝が)難しいんです。わたしたちに波が来ていれば勝てると思っていた」とも述べ、「この一年で、去年の荒さが消化できたのは神保町の漫才劇場で(笑いを)磨いたおかげ。コロナ禍で戦ってくれた劇場のみなさんがいたからこそ今日の優勝があると思っています」と関係者らにも改めて感謝の気持ちを述べる。

植田も優勝賞金は母親のために使いたいと言い、「お母さんがオーロラを見たいって言ったので……」「狭い家に住んでいるので広い家に」と夢を語る。また、副賞で「日テレ人気番組出演権」と「冠番組」が与えられるが、小田は共演したい芸人を問われると「ナイナイに会うために芸人をやって来たんです。副賞に『ぐるナイ』が入っているので『ぐるナイ』に出たい」とナインティナイン矢部浩之岡村隆史)との共演に期待を寄せる。植田も「Wルートで(ナイナイに)会えるね」とはしゃぎつつも「わたしは『有吉の壁』」とこちらは有吉弘行との共演に意欲を燃やしていた。

Aマッソ
Aマッソ
天才ピアニスト
天才ピアニスト
オダウエダ
オダウエダ

画像ギャラリー