浜辺美波主演『わたどう』『ウチカレ』などがTVerで配信中!

浜辺美波主演『わたどう』『ウチカレ』などがTVerで配信中!

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、12月10日から「TVerフェス!WINTER2021」が開催。スペシャル企画として「高畑充希ドラマ特集」と「浜辺美波ドラマ特集」がスタート。今回は、2022年1月17日スタートの新ドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)に主演する浜辺美波がこれまで出演したドラマを紹介する。

『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系、2020年)で浜辺が演じたのは、1回5000円でアリバイ崩しを承る時計店店主・美谷時乃。時乃は「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました」の決め台詞で、いとも簡単に難事件のアリバイを崩してしまう。毎話登場する豪華ゲストとの対峙と、スッキリ解決する“独特な”謎解きシーンも面白い。

『私たちはどうかしている』
『私たちはどうかしている』

過酷な運命に振り回される『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、2020年)では、和菓子職人・花岡七桜を熱演。殺人容疑をかけられたまま亡くなった母の無実を証明するため、出会ったその日にプロポーズしてきた高月椿(横浜流星)がいる「光月庵」へ。容疑者の娘と被害者の息子の関係ながら、次第に惹かれあっていく2人……。放送当時、濃厚なラブシーンも話題だった。

オタクの非モテ大学生・水無瀬空(浜辺)と、小説家のシングルマザー・碧(菅野美穂)“親子”の恋模様が描かれるのが『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系、2021年)。空と入野光(岡田健史)のドキドキのやりとりや、2人の前に現れた謎の男・一ノ瀬風雅(豊川悦司)の存在など、翻弄される空と碧が可愛くて愛おしい。

このほか、「浜辺美波ドラマ特集」では、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)、『無痛~診える眼~』(フジテレビ系)、『咲-Saki-』(MBS系)、『咲-Saki-阿知賀編episode of side-A』(MBS系)がラインナップされている。

なお「TVerフェス!WINTER2021」では、「高畑充希ドラマ特集」「浜辺美波ドラマ特集」のほかに「冬の贅沢ドラマ100本」「バラエティ傑作選」「人気10番組スピンオフ特集」「アニメ大特集」など、各ジャンルから選りすぐりの約200タイトルを強力ラインナップ。すべて無料で楽しむことができる。

画像ギャラリー