清野菜名“明葉”&坂口健太郎“百瀬”、別々の暮らしをスタートさせる

百瀬柊(坂口健太郎)と大加戸明葉(清野菜名)は別々の道を歩む?
百瀬柊(坂口健太郎)と大加戸明葉(清野菜名)は別々の道を歩む?

清野菜名坂口健太郎が偽装夫婦を演じる火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第9話が、12月14日に放送される。

原作は、有生青春の同名漫画。とある理由から偽装結婚をすることになった、大加戸明葉(清野)と百瀬柊(坂口)が織りなす不意キュン・ラブコメディ。

先週放送された第8話では、明葉と百瀬のハグシーンが話題に。ネット上では「すごいよかった」「可愛すぎて悶絶」とのコメントが寄せられた。

<第9話あらすじ>
改めて気持ちを伝え直し、やっと思いが通じたと思った矢先、離婚を切り出した百瀬柊(坂口)。わけがわからない大加戸明葉(清野)は、ショックを受けながらも離婚に応じる。「好きな人に正直な気持ちを伝えたい」と百瀬は言うが、その好きな人は兄・旭(前野朋哉)の妻・美晴(倉科カナ)だと思い込んでいる明葉。すれ違ったままの2人は、別々の暮らしをスタートさせるのだった。

百瀬美晴(倉科カナ)、百瀬柊(坂口健太郎)
百瀬美晴(倉科カナ)、百瀬柊(坂口健太郎)

そんな中、明葉がリベンジをかけたコンペの締め切りが迫っていた。離婚したことを周囲に伝えた明葉は、憧れの丸園ふみ先生(西尾まり)に認めてもらいたい一心で仕事に打ち込む。一方で、百瀬の本当の気持ちを知る牧原唯斗(高杉真宙)や麻宮祥子(深川麻衣)からは呆れられ、旭からは離婚を責められる百瀬。

でも、明葉の邪魔にならないようにコンペを応援したいと思い悩んだ百瀬は、麻宮にある頼み事をする。百瀬の“新たな”不毛な恋の行方は?

牧原唯斗(高杉真宙)、大加戸明葉(清野菜名)
牧原唯斗(高杉真宙)、大加戸明葉(清野菜名)

画像ギャラリー

PICK UP