「妻を抱けない…」男としての自信を喪失した池内博之“武頼”が選ぶ道は――

「妻を抱けない…」男としての自信を喪失した池内博之“武頼”が選ぶ道は――

松本まりかが主演を務めるドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の最終話(第10話)が、12月11日と12日に放送される。このほど、純須純(松本)の夫・純須武頼を演じる池内博之の場面写真が公開された。

本作は、国内最大級の電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万DLを突破し、2020年上半期総合1位&年間総合2位を獲得した、いま最も読まれている大人の恋愛コミックが原作。結婚8年目、セックスレス5年目、子供なし。30代夫婦が抱く悩みや葛藤を、真正面からリアルに鮮烈に描いてきた。

池内は、松本演じる、“愛はあるのに満たされない何か”を模索していく主人公・純須純の夫・武頼を演じている。ゼネコンに勤めている、働き盛りの39歳で、純には優しく実直な性格だが、仕事熱心で帰りは遅く、夫婦の時間は短くなるばかり。「子供が欲しい」という純の言葉を遠ざけ続けるうちに、夫婦のあいだには見えない亀裂が生まれてしまう。

最終話で、純を抱けないことで男としての自信を喪失した武頼は、純を幸せにできない以上、夫としての座を降りるべきと、純との離婚を決意する。純は自分が、女として、妻として、そして夫婦として“きちんとしている”ことを求めるがあまり、今ある幸せを見失っただけでなく、武頼を追い詰めていたことに気づき、涙ながらに離婚に同意。2人は別々の人生を歩み始める。

武頼が出て行って1か月。泣くことをやめ、武頼との連絡も絶っていた純に、武頼が休職をし、その後の所在がわからないとの報が届く。

池内は、近年、映画『イップ・マン 序章』(中国・香港合作)や『マンハント』(香港・中国合作)、『鳳梧洞戦闘』(韓国)、『リンボ』(香港)などといった、海外作品へ精力的に出演する。日本でも、映画『アウトレイジ 最終章』や舞台「リボルバー ~誰がゴッホを撃ち抜いたんだ?~」など、硬派な役柄で出演する機会がほとんどだ。

今作『それでも愛を誓いますか?』への出演は、今までの池内とは正反対の、既婚者で、企業に務める、いわゆる一般的な男性の役柄。池内にとっては、まさに新境地となる役柄だ。

セックスレス夫婦のリアルな物語、ついに完結。純、そして武頼が選ぶ人生の選択とは?

画像ギャラリー