借金まみれの親を助けるべきか?鈴木ゆうか“小百合”らの答えは

借金まみれの親を助けるべきか?鈴木ゆうか“小百合”らの答えは

鈴木ゆうか小宮璃央がW主演を務める水ドラ25『JKからやり直すシルバープラン』(テレビ東京系、毎週水曜24:10~)の第5話が、12月8日に放送。今回のテーマは「家族は人生の味方か、敵か」について物語が展開する。

同ドラマは、キルタイムコミュニケーション刊行の累計30万部越えの大人気コミックが原作。傲慢なお嬢様・二ノ宮小百合(鈴木)が「シルバープラン」に則って、“やりすぎた過去を反省し、自分を律するために高校時代からやり直す”という新しい切り口のタイムリープ作品。タイムリープした世界の高校で、尾上慎二(小宮)と出会い……。

第4話では、「顔」と「金」、どちらが大事かという話題に。人生は「顔」だと言い切る柏村真紀(祷キララ)は、性格は悪くても人が集まる白石ハヤナ(紺野彩夏)が良い例だというが……。

<第5話あらすじ>
柏村真紀(祷)は、ギャンブルに明け暮れ借金まみれの父・弘(松浦祐也)の代わりに、放課後は実家の弁当屋で働いている。

柏村真紀(祷キララ)
柏村真紀(祷キララ)

柏村は弘に「死ねばいいのに!」と叫ぶが、二ノ宮小百合(鈴木)は柏村をきつく叱る。小百合は何があっても親は助けるべき、「家族の絆は絶対」と主張する。しかし柏村は弘の借金で苦しんでいる……。

「親の貧富の差」や「介護」などをテーマに、小百合たちが出した答えは?

画像ギャラリー