吉柳咲良演じる芽衣、17歳ならではの悩みに原田知世“トウコ”は…

店主のトウコ(原田知世)と芽衣(吉柳咲良)
店主のトウコ(原田知世)と芽衣(吉柳咲良)

原田知世が主演を務めるドラマ24『スナック キズツキ』(テレビ東京系、毎週金曜24:15~)の第9話が、12月3日に放送される。

原作は、女性を中心に幅広い支持を得ており、最近では「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になった漫画家・益田ミリによる同名コミック。主演の原田は、傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店“スナックキズツキ”の店主トウコを演じる。共演者として成海璃子平岩紙塚地武雅小関裕太徳永えり西田尚美丘みつ子堀内敬子吉柳咲良八嶋智人浜野謙太らが出演。今日もまた、トウコの不思議な癒しの力で、誰かの心が救われる。

第8話では、主婦の鈴木裕子(堀内)が来店するのだが、店主トウコ(原田)と“タップダンス”でモヤモヤを解消。「感謝の言葉が欲しいわけではないけれど、誰かにわかってもらいたい」という気持ちを、タップにぶつけ、軽快なステップを披露していた。

<第9話あらすじ>
今回スナック キズツキを訪れる客は裕子(堀内)の娘・芽衣(吉柳)。17歳の芽衣は、大学進学のことばかり気にする大人達にもやもやするが実は夢がある。

鈴木裕子(堀内敬子)と娘・芽衣(吉柳咲良)
鈴木裕子(堀内敬子)と娘・芽衣(吉柳咲良)

そんな中、片思いの人にばったり出会い良い感じの雰囲気になるが……。

芽衣(吉柳咲良)
芽衣(吉柳咲良)

雨宿りで訪れたキズツキでホットサンドを食べる芽衣。

今を大切にしたい芽衣は「今ここにいる私って、価値がないってことなのかな」とトウコに打ち明け、今の自分を忘れないためにと驚きの方法を提案する。

画像ギャラリー