加藤シゲアキ&井上真央、柳楽優弥“オフ黒木”の姿に動揺!?

加藤シゲアキ&井上真央、柳楽優弥“オフ黒木”の姿に動揺!?

柳楽優弥が主演を務める土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第7話が、11月27日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガを実写化した本作。中学受験から見えてくる「家族問題」「教育問題」など、現代社会の様々な問題に切り込んでいく人生攻略ドラマ。

前回の第6話で、黒木蔵人(柳楽)が「ルトワック」を辞めた本当の理由を探る灰谷純(加藤シゲアキ)は、黒木が開く無料塾「スターフィッシュ」の存在を突き止め、「たどり着きましたよ、あなたがルトワック時代からずっと隠し通してきた場所に。あなたがルトワックを辞めたのは、あんな塾のためだったんですか。あの塾が、あなたにどれほどの価値があると言うんですか! いったい、あの塾で何をやってるんですか!」と黒木に迫る。しかし、黒木は「私は、星を拾って、投げているだけです」と不意に、スターフィッシュの子供たちが作った“9月 おたんじょうびかい”と書かれた招待状を灰谷に渡す。

そして第7話のPR映像では、その内容の一部が明らかになった。招待状を受け取った灰谷がスターフィッシュを訪れると、トレードマークのピシッとした前髪をおろし、いつもとは違う“オフ黒木”が「いらっしゃい」と出迎える。そらに、そこには大森紗良(住田萌乃)に誘われた佐倉麻衣(井上真央)の姿も。佐倉と灰谷は、いつもとは全く違う黒木の顔を目にすることになる。見たことのない黒木の姿に動揺する二人。黒木はなぜ灰谷を「スターフィッシュ」に招いたのか……。

<第7話あらすじ>
9月になり、全国統一合格判定テストを受けた桜花ゼミナール吉祥寺校の受験生たち。夏の頑張りの成果が出るかと思いきや、この時期は全国の受験生の学力も同じように上がっているため、そう簡単に偏差値は上がらず……。黒木蔵人(柳楽)は、一番の心配事は「上がらない偏差値を見た親たちをいかに黙らせるか」だという。

黒木蔵人(柳楽優弥)
黒木蔵人(柳楽優弥)

いよいよ志望校選びをする保護者面談が始まり、生徒たちも受験を意識し始める。そんな中、佐倉麻衣(井上)が受け持つRクラス生徒・石田王羅(横山歩)は自習室に来るものの遊んでばかりで、他の生徒に迷惑ばかりかけているありさま。どうすれば王羅が勉強する気になってくれるのかと悩む佐倉だったが、橘勇作(池田鉄洋)は「小学生が毎日塾に来ていること自体がすごい」と言う。その後、佐倉は王羅の母・三枝子(岩崎ひろみ)から、王羅が桜花へ入塾した経緯を聞かされる。

ある日、いつものように自習室で遊んでいる王羅に対し、成績が伸び悩み焦りを感じているRクラスの大内礼央(粟野咲莉)は怒り声を上げる。それを聞いた橘は勘違いして礼央を叱ってしまう。これをきっかけに、礼央の母から「塾を辞めようと思っている」との連絡が。

そんな中、佐倉は大森紗良(住田)から連絡をもらい、スターフィッシュに招かれる。そこには黒木に呼ばれて来たという灰谷純(加藤)の姿もあり、二人はそこでいつもとは違う黒木の顔を目にすることに……。

画像ギャラリー