古川雄輝“磯貝”のもぐもぐシーン「大満足」と反響

古川雄輝“磯貝”のもぐもぐシーン「大満足」と反響

桜井日奈子が主演を務める『ごほうびごはん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)の第8話が、11月20日に放送。古川雄輝演じる磯貝誠に初めてスポットが当てられ、SNS上では「やっと古川くんのもぐもぐシーンが見れた」と喜びの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、こもとも子の同名コミックが原作の癒やし系グルメドラマ。新社会人の咲子が1週間頑張った自分へのごほうびに、様々なグルメを味わう姿が描かれる。

磯貝誠(古川雄輝)
磯貝誠(古川雄輝)

昼休み、ある店で偶然鉢合わせた池田咲子(桜井)と磯貝。2人は、名古屋名物の「味噌カツ」を注文するのだが、磯貝の“味噌”にまつわるウンチクや、さらに他の名古屋メシの語りが止まらない。実は磯貝は、名古屋グルメを愛する男だったのだ。家でも味噌煮込みうどんが作れると言われ、食いつく咲子。レシピのメモを取ろうとしてメモ帳を出した瞬間、そこについていたクリップを見て、なぜか磯貝は先に帰ってしまい……。

会社に戻った咲子は、青柳主任(未来)からクリップは磯貝のアイデアで作られたことを知る。その後、磯貝本人に感動を伝えた咲子。そんな咲子に対し、磯貝も「池田さんもすごいよね。文房具愛」とお互いの熱量を認め合うのだった。

池田咲子(桜井日奈子)
池田咲子(桜井日奈子)

磯貝の好みや心情初めて詳しく描かれた今回。SNS上では、「大満足」「やっと古川くんのもぐもぐシーンが見れた」「磯貝さんの色々な表情が見れて嬉しい」「ウンチク語る役似合うね!」「磯貝くんのもぐもぐもっと見たい」といった声が見られた。

次回、第9話は11月27日に放送。咲子が「ごほうびごはん」を始めたきっかけのお店に小湊かえで(岡崎紗絵)と共に訪れる。

画像ギャラリー