赤楚衛二“優”と町田啓太“空”が言い争い!

氷河衛(江口のりこ)、春野優(赤楚衛二)
氷河衛(江口のりこ)、春野優(赤楚衛二)

江口のりこが主演を務める木曜劇場『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第6話が、11月18日に放送される。

幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマン・氷河衛(江口)の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナル作品で、仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描く。

先週放送された第5話は、1年の留学から戻ってきた春野優(赤楚衛二)に、ネット上で「ビジュ最高」との声が。また、衛にキスをしようとしたところ拒まれるシーンには「期待通り」「キスしないんかい」「キス早く」とのコメントが寄せられた。

<第6話あらすじ>
氷河衛(江口)は宮村空(町田啓太)に抱きしめられた。ちょうどそこに、酔い潰れた碇健二(古田新太)を連れた春野優(赤楚)が帰ってくる。問いただそうとする優と空は言い争いになり、衛は2人を仲裁する。優は衛に、実家のために空から金を借りた事を伝え、借金返済のため、夜間のアルバイトを始める。

宮村空(町田啓太)、氷河衛(江口のりこ)
宮村空(町田啓太)、氷河衛(江口のりこ)

そんな中「スリースターブックス」は「三日月モバイル」への提携企画を再提出することになる。優は東海林達也(矢本悠馬)、田中リリカ(志田未来)たちと新たな企画書を森ノ宮大吾(矢野聖人)に見せるため会社に乗り込む。だが「三日月モバイル」は専務の大河一郎(田山涼成)に牛耳られ、彼の息のかかった社員ばかり。優たちと同行したアルバイトの城戸密(結木滉星)は、彼らに社員たちがいる前で余計なことを話さないようにとくぎを刺し……。

森ノ宮大吾(矢野聖人)、春野優(赤楚衛二)
森ノ宮大吾(矢野聖人)、春野優(赤楚衛二)

画像ギャラリー