鈴木伸之“辻村”、号泣する本田翼“杏”をバックハグで興奮の声「ぐわああ」

鈴木伸之“辻村”、号泣する本田翼“杏”をバックハグで興奮の声「ぐわああ」

窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』​​(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第7話​​が11月15日に放送。ネット上では、五十嵐唯織(窪田)が目撃してしまったハグシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

2019年に放送された『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編。写真には必ず“真実”が写ると信じている天才放射線技師・唯織を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス(通称:ラジハ)”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

離島で診療所を開いている甘春杏(本田翼)の父親・正一(佐戸井けん太)が​​、病院を訪ねてきた。彼は唯織に自身のすい臓がんの画像を見せる。完治は難しいらしい。

その後、杏にも同じことを伝えた正一。積極的な治療はしない方針だとしつつ「あの島に渡った時に、1つだけ決めたことがあるんだよ。最後まで白衣は脱がない」とポツリ。患者ではなく、最後まで医師であり続けたいと願う。杏は治療をしようと働きかけるが、父の決意は揺るがない。それでも諦めきれず、別の病気の可能性もあるとして再検査を要望。しかし、結果は同じ。すい臓がんで間違いがなかった。

杏は事情を知っている辻村駿太郎​​(鈴木伸之)に「本当は分かっていたんです。きっとがんだろうって。でも、どうしても受け入れられなくて」と吐露。「私はどうしたら……。このまま父が亡くなるのを待つだけなんて」と落ち込む彼女を抱きしめる辻村。

彼は「すぐに受け入れられなくて当然だよ。たった一人の大切なお父さんなんだから」と優しく声をかけた。辻村の言葉に、杏は涙をこぼす。唯織はその様子を目撃してしまって……。

ネット上では、辻村のバックハグに「ぐわあああ」「泣かないで」とのコメントが。辻村がドアが開いた状態でハグをしていたため「扉を開けてするもんじゃない​​」「唯織切ない」などツッコミの声もあった。

次回は11月22日に放送。広瀬裕乃(広瀬アリス)は、女子高生・花倉乃愛(吉川愛)の検査を担当する。​​

画像ギャラリー