川崎希、誹謗中傷との戦いの一部始終を告白

川崎希、誹謗中傷との戦いの一部始終を告白
最新エピソードを無料視聴

ネプチューン名倉潤次長課長河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:00~)が、11月11日に放送。元AKB48川崎希がネット誹謗中傷との戦いの一部始終を語った。

「SNSの闇大暴露SP」と題した今回。名前を売ってから起業した方が有利と考えAKB48入りした川崎は、わずか4年で卒業。その翌日には起業し、アイドル時代の男性ファンをターゲットにメンズ服のネット販売を開始、1時間で200万円を売り上げるなど事業は順調なスタートをきった。

一方、プライベートでは25歳のときにモデルのアレクサンダーと結婚。可愛い子供にも恵まれた。しかし、結婚を機に男性ファンが離れ、女性から支持されるようになったと同時にSNS上での誹謗中傷が増えたと告白。その嫌がらせは、私生活にまで及んだ。

カフェに行けば、川崎が備品を盗んでいると苦情の電話が入ったり、テレビに出演すれば、アレクサンダーがトイレで盗撮していたと、でたらめの情報がテレビ局に来たりしたことも。

やがて誹謗中傷は、犯罪をほのめかす内容にエスカレート。遂に川崎は弁護士に依頼し「法的措置に出る」とSNS上で宣言した。しかし、さらに書き込みが増えてしまう結果に。その後川崎は、発信者情報開示請求をし、特に執拗に攻撃してきた2人の女性を侮辱罪で刑事告訴することに。結果、「書類送検されました」とSNS上で報告した途端に誹謗中傷の書き込みがされなくなったという。

次回は11月18日に放送。「女のレジェンド 最近何やってるの?SP」と題し、小林ひとみ中島史恵がゲスト出演する。

PICK UP