国生さゆり“蘭子”の驚愕の決断に騒然!「美しかった」

黄月蘭子(国生さゆり)、羽生誠一(綾野剛)
黄月蘭子(国生さゆり)、羽生誠一(綾野剛)

綾野剛が主演を務める月10ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)。11月8日に放送された第4話では、国生さゆり演じる黄月蘭子の驚愕の決断に、SNS上が騒然となった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作の舞台は、政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った“強者”だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本。謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍が描かれる、令和ニッポンで暮らす人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。

大山健吾(渡部篤郎)
大山健吾(渡部篤郎)

蘭子に接触した羽生誠一(綾野)は、蘭子が管理する“Kファイル”を渡すよう、取り引きを持ちかける。悠源館の実態が公になれば、蘭子は築き上げてきた地位や名声を失ってしまう。焦った蘭子は大山健吾(渡部篤郎)に助けを求めるも、“Kファイル”の存在を否定し、非協力的な態度を示されたことにより、蘭子は絶望。大量の薬を飲んで自殺してしまう。

一方、打本鉄治(田中要次)は、大山とも懇意な間柄で、長年にわたり関東医師連合の会長を務める神崎龍臣(中丸新将)に目をつけていた。そして、大山と神崎が会食している時に、店の固定電話を通じてついに羽生と大山が接触。その頃、神崎が指示してミスを隠蔽したトリアージについて生配信を行い、再びアバランチは悪事を露見させることに成功するのだった。

羽生誠一(綾野剛)、西城英輔(福士蒼汰)
羽生誠一(綾野剛)、西城英輔(福士蒼汰)

今回、蘭子の死に視聴者は騒然。前回から登場し、物語の重要なキャラクターとなりそうな中での死だったため、SNS上では「退場にショック」「最期の場面美しかった」「もうちょっと見ていたかった」「もっとしぶとい女かと思ったのに」などのコメントが。そして、蘭子をあっさり切り捨てた大山に対しては「本物の悪人」「アバランチが裁いてくれることを期待」などの声があがっていた。

次回、第5話は11月15日に放送。羽生が西城英輔(福士蒼汰)にアバランチ発足の理由と真の目的を語る。

画像ギャラリー