清野菜名​​“明葉”に恋フラグ!坂口健太郎“百瀬”へのハグに「愛おしさ爆発」

清野菜名​​“明葉”に恋フラグ!坂口健太郎“百瀬”へのハグに「愛おしさ爆発」

清野菜名坂口健太郎が偽装夫婦を演じる火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、毎週火曜22:00~)の​​第3話が、11月2日に放送。ネット上では、意味合いの違った2つのハグに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、有生青春の同名漫画。とある理由から偽装結婚をすることになった、大加戸明葉(清野)と百瀬柊(坂口)が織りなす不意キュン・ラブコメディ。

明葉は、百瀬と義兄の妻・美晴(倉科カナ)の関係性が気になって夜も眠れない。そこに、百瀬の中学の同級生が結婚祝いをしてくれるとの知らせが。パーティでは、美晴と百瀬の距離を縮めようとお節介したところ、彼の気に障ってしまい「心のシャッター」を降ろされてしまった。

牧原唯斗(高杉真宙)、大加戸明葉(清野菜名)
牧原唯斗(高杉真宙)、大加戸明葉(清野菜名)

そんな中、牧原唯斗(高杉真宙)に、友だちの偽装結婚話が自分の話だったことを見破られる。すべてを明かしたあと「外野の一人ですから寂しいものですよ」と落ちこむ明葉に、唯斗​が「元気出して」と突然のハグ。すると、明葉の目線に百瀬の姿が! 明葉は百瀬に“友情のハグ”だと弁明。しかし百瀬は気にしていない様子を見せた。

デザイナーとしてコンペに参加することになった明葉。百瀬に相談しようにも彼が心を開くことはなかった。そのままコンペ当日を迎えが、プレゼンをする予定だった舛田康弘 (岡田圭右)が急病で来られなくなるといった事態に。プレゼンは素人である明葉がピンチに陥っていると、百瀬がやってくる。発表内容の詳細を知らないはずの彼が完璧にプレゼンをやってのけ、相手の質問にも的確に答えてくれた。

大加戸明葉(清野菜名)、百瀬柊(坂口健太郎)
大加戸明葉(清野菜名)、百瀬柊(坂口健太郎)

自宅でお疲れ様会。ズバズバと遠慮のない明葉の言葉が好きだという百瀬。美晴とのことも聞いていいと言ってくれたし、彼女を好きになったきっかけも語ってくれた。

明葉は心のシャッターをオープンにしてくれたことに大喜び。そして、美晴のことを思い続け苦しんでいる彼に「今だけハグをしてもいいですか?」「私は百瀬さんの味方です」と抱きしめた。百瀬は「え?」と驚きつつも「これが友情のハグですか」と反応。しかし、明葉は“これが友情? 違う。恋のフラグは立ってしまった”と思うのであった。

ネット上では、2つのハグに注目が。「恋の始まりのハグ​​」「明葉がハグするところ、すごくよかった」「愛おしさ爆発してる」「優しくハグする唯斗がたまらん」との声があった。

次回第4話は11月9日に放送。温泉旅館の招待券を貰った百瀬は、明葉を日帰り温泉旅行に誘う。​​

画像ギャラリー