SixTONESジェシー、渡辺直美との「恋」ダンス披露

SixTONESジェシー、渡辺直美との「恋」ダンス披露

所ジョージ×木梨憲武×渡辺直美がトリオMCを務めるアカデミックバラエティ『近未来創世記 日本を救うヤバイ偉人』(日本テレビ系)第2弾が、11月1日に放送。ゲストのジェシーSixTONES)が、渡辺と「恋」ダンスを踊りSNS上で話題になった。

同番組は、様々な分野で活躍する「ヤバイ偉人」たちを本人インタビューや本格派再現ドラマで徹底解剖するバラエティ。その中の「ヤバイ偉人」のひとりとして、Perfume星野源の「恋」ダンスなど数々のヒット曲の振付を担当し、リオデジャネイロオリンピックの閉会式のセレモニー総合演出、演舞振付も行い、世界を魅了したカリスマ振付師MIKIKOを紹介。

コーナー冒頭、渡辺が「ちょっとジェシー、例のアレ、やりたいから前にいいですか?」と打診。渡辺が「ミュージックスタート」とコールすると、「恋」が流れはじめ、渡辺とジェシーが「恋」ダンスをコラボ。MIKIKOの登場を盛り上げた。

番組では、「世界が絶賛!演出振付家MIKIKOのヤバイ偉人伝」と題し、MIKIKOの半生を幼少期から振り返り紹介。最後に、スタジオに向けてMIKIKOが体のラインがキレイに見えるポージングを伝授した。そこでスタジオでは、カメラマンを前に、一人ずつ教わったポージングを実践。その際、ジェシーがモデルさながらのポージングを決める中、なぜか巨人・原辰徳監督の“グータッチ”ポーズを取り入れたことから、出演者から「原監督入ってきた」とツッコミを受ける一幕があった。

SNS上では、「恋ダンスコラボ可愛い」「原監督可愛かった」「バラエティ分かってて最高」などの反響が上がった。