鹿島アントラーズが挑む新たな挑戦に密着!元日本代表・中田浩二がクラブの使命を語る

鹿島アントラーズが挑む新たな挑戦に密着!元日本代表・中田浩二がクラブの使命を語る

10月30日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)は、鹿島アントラーズのCROを務める元日本代表・中田浩二と、社長を務めるメルカリ会長・小泉文明がゲスト出演。チーム強化と経営の両面で成功を収めている名門クラブの挑戦と未来に迫る。

今年創設30周年を迎えた鹿島アントラーズは、人口28万人という小さな町のクラブながら、熱狂的なサポーターに支えられ、Jリーグ史上最多となる20のタイトルを獲得。経営面でも73億円の収益を出すなど、Jリーグのトップを走っている。番組では、鹿島アントラーズが行っているサッカーチームを超えた取り組みを取材。フィットネスジムやスキンケア施設など、他にはないカシマサッカースタジアムの有効な活用法が明らかになる。

勝村政信
勝村政信

フリマアプリでおなじみのメリカリで会長を務め、2019年にクラブの社長に就任した小泉は、経営者として大胆な事業展開を行う理由を説明。その背景には、クラブの使命を表す、あるキーワードが存在した。CROの中田は、クラブ創設期にチームを支えたジーコからの教えを語る。

さらに、小泉は就任直後にあることを改善。クラブ内の動きを活発にしたこの改革には、番組MCの勝村政信や解説の北澤豪も感心する。また、クラブが目指すべき未来像や、新スタジアム構想などについても言及。改革を進める真意が小泉の口から語られる。

片渕茜、勝村政信、北澤豪
片渕茜、勝村政信、北澤豪

そして、名門クラブを支えてきたレジェンドたちが育成年代の指導者を務めるクラブのアカデミーも紹介。元日本代表のストライカーで、鹿島アントラーズユースの監督を務める柳沢敦が、トップチームならではの悩みと、選手育成の重要性を語る。

画像ギャラリー

PICK UP