松本まりか“純”、家庭での不安や恐怖を押し殺し仕事に没頭

純須武頼(池内博之)、純須純(松本まりか)
純須武頼(池内博之)、純須純(松本まりか)

松本まりかが主演を務めるドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~ ※この日は23:30~)の第5話が、11月6日と7日に放送される。

電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万DLを突破し、2020年年間総合2位を獲得した大人の恋愛コミックが原作。“愛はあるのに満たされない何か”を模索していく主人公・純須純(松本)が、“愛する夫から女として求められない妻”という、どうしようもない寂しさを抱える35歳の心のゆらぎを中心に展開される。

前回放送された第4話では、夫・武頼(池内博之)の元カノ・足立沙織(酒井若菜)の行き過ぎた言動に、ネット上では「この女ヤバい」「鳥肌が立った」という声や、純への思いが募る同僚・真山篤郎(藤原季節)のピュアな恋心に「純粋すぎる」「めっちゃ純のこと好きじゃん」などの反響が上がった。

<第5話あらすじ>
純須武頼(池内)から連絡手段をブロックされた足立沙織(酒井)は、純須純(松本)のSNSをフォローし始め、純を怯えさせる。武頼は純を守ると決意するが、会社の前で沙織に待ち伏せされてしまう。武頼が会ってくれないなら、純に会いに行くという沙織の脅しめいた言葉に、武頼は断りきれなくなり……。

一方の純は、武頼との夫婦のあり方への不安や、沙織に対する恐怖を感じながらも、正社員になるという新たな目標に向かって夜遅くまで研修に励む。長い一日が終わり、ふと一息つきながらひとり菓子パンを頬張る純。その時、押さえ込んでいたさまざまな思いが涙となってこぼれ落ちる。前日から純の様子がおかしいと気づいていた真山篤郎(藤原)は、そんな純を見て……!?

画像ギャラリー