目黒蓮“井田”、消しゴムの真実を知った表情に「切なすぎる」

目黒蓮“井田”、消しゴムの真実を知った表情に「切なすぎる」

道枝駿佑なにわ男子関西ジャニーズJr.)と目黒蓮Snow Man)がW主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)。10月23日に放送された第3話では、ラストシーンで見せた井田(目黒)の表情に「切なすぎる」とSNS上で反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

現在「別冊マーガレット」(集英社)で好評連載中のアルコが作画、ひねくれ渡が原作を担当する同名漫画をドラマ化した本作。クラスメイトの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)が、ひょんな事から硬派な男子・井田に恋していると勘違いされてしまい、さらに本当に井田のことが気になり始めるという異色の初恋ラブコメディ。

橋下さん(福本莉子)
橋下さん(福本莉子)

橋下さんに「俺もあいつのこと、好きかもなんだ」と告げた青木。同性を好きだという気持ちを「変だよな」と言う青木に、橋下さんは「ちっとも変じゃない」と、“好き”という気持ちは一緒だと伝える。改めて、好きなところを語り合う2人だったが、橋下さんの口から出た人物の名前は「いだ」ではなく「あいだ」。そう、橋下さんが好きなのは井田ではなく、青木の親友・あっくん/相多颯斗(鈴木仁)のことだった。

そんな中、学校では先日行われたテストが返却される。“勘違いの恋愛騒動”でまったく勉強が手につかなかった青木の点数は、まさかの1ケタ。落ち込む青木を見かねたあっくんの提案で、井田の家で勉強会を行うことに。そこで、井田も青木のことを意識していると話し、2人の距離はだんだんと近づいていく。

あっくん(鈴木仁)
あっくん(鈴木仁)

その様子を感じ取り、「井田が青木を狙っている」と勘違いしたあっくん。青木は誤解を解こうと消しゴムの話をすると、あっくんは「正直に話した方が良い」と井田を呼び出し、すべてを話してしまうのだった。

SNS上では、真実を告げられた時の井田の表情が「切なすぎる」と話題に。さらに「戸惑っていることがわかる」「井田くんの表情に泣いた」「胸が締め付けられた」などのコメントが寄せられた。

次回、第4話は10月30日に放送。誤解は解消した一方で、なぜか青木の心はモヤモヤしたままで……。

画像ギャラリー