デビュー20周年の中島美嘉、聴力復活を報告「歌うのが楽しい」

デビュー20周年の中島美嘉、聴力復活を報告「歌うのが楽しい」
最新エピソードを無料視聴

中島美嘉が、10月22日に放送された田中圭千葉雄大がMCを務める音楽番組『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。今年デビュー20周年を迎える中島が、15年近く抱えてきた苦悩と転機を初めて口にした。

2010年に耳管開放症に襲われ歌手活動を休止した中島は、周囲の期待に応えるため半年後に復帰。しかし、症状が回復してからの復帰ではなかったため、思い通りに歌えない自分に悩んでいた。その当時のことを中島は、「『待って』と言えれば良かった」と、自身の判断ミスだと回顧。「その日のベストを尽くすしかやり方がわからなかった」と話す。

そうした中、千葉も大好きだというamazarashiから楽曲提供され、リリースした「僕が死のうと思ったのは」という曲に出会った中島は、初めて聞いたときに号泣。「歌詞を聞いて自分のことみたいだなと泣いちゃいましたね」と運命を変えた一曲だと振り返る。

デビュー20周年を迎えた今、「歌うのが楽しい」と中島。というのも、最近になり聴力が復活。「またなったらどうしよう」という恐怖もあり、言うつもりはなかったとしながらも、コロナ禍で休養が取れ、ストレスが少なくなったことも手伝ってか、「徐々に聴力が上がってきて、ある日ボコって戻ったんですよね」と笑顔を見せた。そんな中島の変化に、身近なスタッフから「とにかく楽しそうだよね」「自由に歌ってる感じがする」と言ってもらえるようになったと明かした。

ネット上では、「おめでとう!」「耳が復活して本当に良かった」「嬉しそうで楽しそうで心から嬉しい」「素敵なアーティスト」などの反響が上がった。

次回は10月29日に放送。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEがゲスト出演する。

PICK UP