草彅剛、やすともを「ともよさん」異色の新番組で天然炸裂

草彅剛
草彅剛

草彅剛海原やすよ ともこ海原やすよ海原ともこ)が異色の初タッグを組んだ『草彅やすとものうさぎvsかめ』(読売テレビ※関西ローカル)。10月3日の放送では、初対面のやすともに対して草彅が「ともよさん」と呼ぶなど、天然ぶりを炸裂させる場面があった。

すごい専門家にたった1時間だけ教えてもらう楽な“うさぎ”が勝つのか、はたまたインターネットに転がるマユツバ情報を頼りに1週間コツコツ頑張った“かめ”が勝つのかを徹底検証する同番組。基本的に草彅&やすともがVTRを見ながらをトークをする形なのだが、事前に顔合わせもなく本番で初対面、さらには台本もほぼないという斬新な番組スタイルに「とりあえず、お茶でも飲みましょうか」と、まず自己紹介からスタートする。

草彅剛、海原やすよ ともこ
草彅剛、海原やすよ ともこ

大阪でのロケは久しぶりで、新幹線に乗るのも久しぶりだと草彅。中居正広が大阪に番組を持っていたときに「呼ばれて来たりしていた」というかつてのエピソードを披露。また“初対面”と謳っているが、かつてSMAPが関西にレギュラー番組を持っていた時代、出演していた芸人の弟子をしていたやすともは「廊下ですれ違ったことがある」という思い出も語り、約30年ぶりの“共演”に喜びを隠せない様子だった。

一方で、やすとものことをあまり知らないという草彅。2人のことを「ともよさん」と呼んで「混ざってます」と言われたり、ともこのことを「やすよさん」と呼んで訂正されたりと、天然ぶりを炸裂。「上沼恵美子さんのように激しくツッコんでほしい」と2人に要望を出したばかりの草彅に、さっそくツッコミが飛んでいた。

草彅剛、海原やすよ ともこ
草彅剛、海原やすよ ともこ

初回から話が弾んでしまい、次回10月10日は1日に2回放送されることに。10時55分からと、12時35分からの2回に分けて「美文字対決」「記憶力対決」の様子がオンエアされる。

画像ギャラリー