千鳥・大悟、100万円超えの“菅田将暉コーデ”を自腹で購入

千鳥・大悟、100万円超えの“菅田将暉コーデ”を自腹で購入
最新エピソードを無料視聴

千鳥ノブ大悟)の冠番組『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25~)の1時間SPが、10月3日に放送。大悟が菅田将暉のようなオシャレ芸能人を目指して自腹で洋服を買う企画「チョイ菅田な秋服を買いたいんじゃ!!」に、菅田本人が初登場し、大悟を全力でサポートした。

お店を回り、菅田おすすめコーデを何度か試着してはしっくりこない様子の大悟だったが、菅田が80年代のビートたけしのスタイルが好きで真似ているという話から、コーデュロイパンツに黒ニット、さらにレザージャケットというコーデを提案。それまでとは異なり、試着室から大悟が出てきても一切笑いが起こらず、菅田も「目指す男像はそこに近いんじゃないですか?」と似合っていると伝える。

一方、菅田が選んだ洋服を大悟が試着している間は、一緒に洋服を探したり、自身もダウンを選んでもらったりと楽しんでいたノブが、自身におすすめされた50万円のグリーンのレザージャケットを菅田にも試着してみて欲しいとお願い。そのあまりのカッコよさに、ノブは「(似合ってるのは)お前じゃない!」「服は全部お前のもんじゃ!」とツッコみを入れ笑いが起こる。

その後、41万7000円のオレンジのロングダウンを見つけた菅田は、パンツとセットで「これが大悟さんの言う『全菅田』」と、自分でも買いたい上下コーデだと手渡し、それを大悟が試着。さらに、先ほどのグリーンのレザージャケットを大悟にも試着してもらうと、どちらも上々の出で立ちに。

最後は、大悟自身がそれまで試着してキープしてきた洋服の中から購入品を選ぶわけだが、「ビビッて買わないと思う」というノブの予想を覆し、オレンジのダウン、グリーンのレザージャケットも含めた総額106万7000円の“全菅田コーデ”を大悟は自腹で購入した。

PICK UP