今田耕司「いいことしかなかったですね」13年間担当『アナザースカイ』を振り返り

公開:

今田耕司がMCを務める『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週木曜24:59〜)。最終回となる9月30日放送では、番組MCとしての今田最後の1日を追った。

10年通うジムからの移動中、「『ちょっと芸人さんはイメージ違うな』ってスポンサーさんから(声があって)」と番組開始当初を振り返る今田。「どうしても今田さんでやりたいと(番組)が言って(MCに)入れてくれた」といい、「そういういろいろなラッキーというか出逢いで、番組って本当できるんやなっていうのは感謝しましたね」と語る。

その後、スタッフとの打ち上げで訪れた焼肉店では、ともに初代MCを務めたバレエダンサーの宮尾俊太郎と再会。宮尾いわく、MC未経験の自分を今田は「トークは俺に任せておけ」とフォローしてくれたといい、公私にわたる交流もふくめ、「大人の教科書」と称賛する。

これに頬を緩めつつ、「宮尾くんなんて超俺のこと好きなのに、何で女性アシスタントは…… ほんと、誰ともロマンスあらへん」とこぼす今田に、「(番組メンバーは)家族っぽいですもんね」と宮尾。「人を勝手にお父さんみたいにして」とぼやきつつ、「みんなが頑張って13年繋いだ感じやわ」と、感慨深げな表情を浮かべるのだった。

最後のスタジオ収録を終え、「僕にとってアナザースカイは、いいことしかなかった番組ですね」と番組を振り返る今田。「出逢いもふくめ、海外にも旅行に行け、しかもモテました」と冗談を飛ばしつつ、「終了を惜しむ声を他の番組の出演者からもたくさん聞いた」と明かし、「視聴者のみなさんがいないとこんなに愛される番組になっていない。本当に感謝しております。ありがとうございました」と深く頭を下げ、13年の放送を締めくくった。

SNS上では、「終わっちゃうの悲しい」「素敵な番組でした」と終了を惜しむ声のほか、「ご時世が落ち着いたら、またたまにやって欲しいな」と、復活を望む声が相次いでいた。

PICK UP