中島健人『かのきれ』撮了で「最高の夏をありがとう!」小芝風花は涙

公開: 更新:

Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終話が、9月14日に放送。最終話は一部生放送されるが、このほど生放送のシーン以外のすべての撮影がクランクアップした。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

撮影最終日は、ドラマの舞台となったファッション誌「ザ・モスト」編集部で迎えた。すべてのシーンを撮り終え、中島と小芝が揃ってクランクアップすると一足先に撮影を終えていた赤楚衛二佐久間由衣が祝福に駆け付けた。中島は「この作品を超える作品と出会えるかどうかというのはなかなか怖いんですけど……それぐらいこの現場が楽しかったと思っています。みなさんに感謝と愛を贈りたいと思います。本当にありがとうございました。最高の夏をありがとう! セクシーサンキュー!」とクランクアップの喜びを伝えるとスタッフからは大きな拍手が贈られた。

小芝は「最高の作品にしようという熱量がすごい中で撮影できたのは幸せでしたし、宝物でした。この役を演じられて本当に幸せです。ありがとうございました!」と無事クランクアップできたことと撮影が終わってしまう寂しさからか感極まって涙ながらに話した。

<最終話あらすじ>
宗介(中島)が起死回生の一手として取材交渉を続けてきた謎の作家・楠瀬凛の正体は、樋口拓也(赤楚)だった。にわかには信じられず、言葉を失う宗介に、樋口は「モストを救いたい」と、自らの生い立ちや小説への思いをつづったインタビュー原稿を手渡す。記事を掲載すれば話題になることは間違いなく、「ザ・モスト」の存続も夢ではない。しかし、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまう。悩んだ末、宗介は掲載を見送ることにする。

一方、愛(小芝)の元には、絵本作家のちかげ(日高のり子)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが届く。さらに、ちかげのアトリエへ行くと、「ここで、いっしょに働かない?」と誘われ、胸がときめく愛。絵本作家になることが幼い頃からの夢だった愛は、うれしくなり、早速宗介に報告するが……。

小さなうそから始まった、愛と宗介の初恋の行方は!?

PICK UP