鈴木亮平“喜多見”、失意の中でMER脱退を決意

喜多見幸太(鈴木亮平)
喜多見幸太(鈴木亮平)

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の最終話が、9月12日に15分拡大SPで放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

音羽尚(賀来賢人)
音羽尚(賀来賢人)

先週放送された第10話では、エリオット・椿(城田優)が仕掛けた爆弾で、喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)が懸命の措置もむなしく亡くなってしまう。出動以来初の犠牲者が出てしまったことに、ネット上では「頭が追いつかない」「嘘だと言ってくれ」などの声が上がっていた。

<最終話あらすじ>
最愛の妹・涼香(佐藤)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見(鈴木)はMER脱退を告げる。

一方、都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていた。そして、音羽尚(賀来)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていた……。

音羽尚(賀来賢人)、弦巻比奈
音羽尚(賀来賢人)、弦巻比奈

そんな中、エリオット・椿(城田)による連続爆破テロで東京中が炎上! 多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう! 最大のピンチを迎えたMERのメンバーたち。しかし、その時……喜多見の心を震わせる「言葉」が響いた。

画像ギャラリー