中川大志“柊”と新木優子“葵”​​のすれ違いが切なすぎる「幸せになって」

中川大志“柊”と新木優子“葵”​​のすれ違いが切なすぎる「幸せになって」

中川大志が主演を務める『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の第9話が、9月5日に放送。SNS上では、好きな相手を思うがゆえのすれ違いに苦しむコメントが多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

綿谷詩織(水野美紀)の策略により、指名手配されてしまった男虎柊(中川)。父・丈一郎(藤木直人)曰く、警察が自分たちの家まで来ないのは、「SOS」がアジトとしても使っていた場所だから。柊を指名手配することで、身動きがとれないようにしているのだ。

綿谷詩織(水野美紀)
綿谷詩織(水野美紀)

このままでは葉山葵(新木優子)や水瀬千景(田中みな実)含む全員が皆殺しにされてしまう。そこで丈一郎は、鳴宮美月の引退記者会見を開き、すべて暴露することを考える。しかし、そのやりとりは、詩織に脅された藤堂莉奈(松本穂香)が盗聴していた。

柊は、丈一郎と同じく、詩織にこれ以上罪を重ねてほしくないと思っていた。そして、心から憎むこともできない。兄・武尊(小池徹平)​​を殺されている葵は、彼の本音を聞いてショックを受ける。「私は絶対に許せない」「柊くんだって許せなかったでしょ。丈一郎さんを殺されて、許せなくて……。(葵が丈一郎を殺したと思っていた時)私に復讐しようとしたでしょ? 私を殺そうとしたでしょ?」。葵の言葉に柊は謝ることしかできなかった。

男虎丈一郎(藤木直人)、男虎柊(中川大志)
男虎丈一郎(藤木直人)、男虎柊(中川大志)

その後、葵は千景に“柊のこと”を、柊は莉奈に“葵のこと”を語り始める。2人は同じ思いだった。相手が自分の顔を見るたびに“本気で殺そうとしたこと”、“殺されると思ったこと”がフラッシュバックされるはず……。「私がいることで、柊くんはこれからずっと苦しむことになる」「俺にはこのまま葵ちゃんを好きでいる資格なんてないんだ」。だからこそ、もう会わない方がいい。2人の意見は一致していた。

八乙女流星(鈴木伸之)、藤堂莉奈(松本穂香)
八乙女流星(鈴木伸之)、藤堂莉奈(松本穂香)

記者会見が始まった。しかし、詩織と手を組んだデス・プリンスこと八乙女流星(鈴木伸之)​​が爆弾をしかけており、会見は中止に。一方、柊と葵は詩織に拘束されてしまう。

SNS上では、お互いを思う2人に「幸せになって欲しい」「ハッピーエンドになってほしい」「すれ違いが切な過ぎる」との声があった。

次週9月12日は最終話。詩織は、SOSを立ち上げるきっかけとなった自らの過去を明かす。​​

画像ギャラリー

PICK UP