鞘師里保、自宅で恐怖体験!?「スマホが勝手に…」

桂木奈々子(鞘師里保)、高槻彰良(伊野尾慧)
桂木奈々子(鞘師里保)、高槻彰良(伊野尾慧)

鞘師里保が、9月4日に放送される『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第5話に出演する。

原作は、澤村御影の「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)。“異能”を持った准教授と“孤独”を抱えた少年の目線を通じて、“人とつながること”の大切さを描いたヒューマンミステリー。伊野尾慧Hey!Say!JUMP)が完全記憶能力を持った大学准教授・高槻彰良を演じ、神宮寺勇太King & Prince)が怪異を経験し“嘘”が分かるようになってしまったために“孤独”を抱える大学生・深町尚哉を演じる。

第5話で鞘師が演じるのは、夢を追う若き女性で相談者として高槻を訪れる桂木奈々子。一人暮らしの部屋で何度引っ越しても怪異が起きるという。原因を調査するため生方瑠衣子(岡田結実)と不動産屋に向かった高槻は、そこで店主の山口(螢雪次朗)と息子の雅史(金井浩人)に会う。奈々子は何かに呪われているのか? 

桂木奈々子(鞘師里保)
桂木奈々子(鞘師里保)

なお先週の第4話「白い服の幽霊の怪」では、市川由衣が幽霊が見えると話題の霊感女優・藤谷更紗役で出演。ネット上では「独白に泣いてしまった」「『世の中が私を諦めたって、私が私を諦めない』って胸に刺さる」などのコメントが寄せられた。

<鞘師里保 コメント>
――奈々子とご自身、共通する点は?

私は普段、昼ご飯を決めるだけでもウダウダしちゃうタイプなんですが(笑)、「絶対これ!」と思った時には行動しないと後悔しちゃうタイプです。なので、自分の人生に重ねると「モーニング娘。」に在籍している中で「留学に行きたい!」と思い「絶対そうする!」と決めたら行っちゃうような突き進む感じは自分と似ていると思いました(※1)。加えて、奈々子は九州出身で、私は広島出身と、田舎から東京に出てきたところも重なります。私の両親はありがたいことに「頑張れ!」と応援してくれたので、そこは奈々子と違いますが、私もたとえ両親が反対したとしても、きっと同じように行動したと思います。自分に近い役だったので、気持ちが乗って演じることができました!

――怖い体験が続く役。ご自身の怖い体験は?

本当にタイムリーな話なんですが(笑)、このドラマの撮影中に、自分の家で怖い体験をしたんですよ! 仕事から帰宅して、しばらくした時に、自分より10mくらい離れた場所に置いていたスマホから急に音楽が流れ始めたんです!「私、着信音を設定したかな?」と思ったんですけど、そんなはずもなく、タイマーでもなく。深夜ではないとはいえ夜だったし、本当にビックリしましたね。最近は声を発したら反応するスマート家電もありますが、何も言ってないのにスマホが勝手に音楽を流したのですごい怖かったです。私の方が反応して「えっ!?」って言いましたもん、1人で(笑)。

生方瑠衣子(岡田結実)、桂木奈々子(鞘師里保)
生方瑠衣子(岡田結実)、桂木奈々子(鞘師里保)

――伊野尾さんとの共演経験は? 印象は?

伊野尾さんは、明るくて“内に秘める”と言うより“みんなに自分の気持ちを共有する”愛されキャラのイメージでしたが、今回初めてお会いして、さらにそのイメージが膨らみました。一ゲストの私を含めて全員とフラットにお話され、とてもいい雰囲気作りをしてくださる方だと思いました。今日は伊野尾さんと岡田さんとの撮影でしたが、合い間ではスパイスカレー屋さんの話で盛り上がりました。どこのカレー屋が美味しいのか3人で情報交換ができたので、開拓が楽しみです!(笑)。

――神宮寺さんの印象は?

神宮寺さんも初対面ですが、テレビでKing & Princeさんがバキバキに踊っているのを見る機会があり「すごいな!」と思っていたんですが、実際お話したら、とても“おしとやか”というか同じ年なのに落ち着いていて、優しい印象を受けました。先日の撮影では、伊野尾さんと神宮寺さんが体が硬いのを気にされて「このドラマの期間中に体を柔らかくしよう」と目標を立てたようで、私にも「体、柔らかいですか?」と聞いてくださったので「私はこの程度(床に手が)着くんですけど」とやって見せたりしまして。「レッスン前は柔軟をたくさんします」という話をしたら、お二人は「そんなに時間をかけない」とおっしゃって「逆に、軽くストレッチしただけであんなに踊れるのがすごい!」と感心してしまいました。

――岡田さんについては、どうでしょう?

岡田さんは一度ご挨拶しただけだったので、今日初めてちゃんとお話したんですけど、初日とは思えないぐらいたくさんお話させていただきました。多分(ゲストの)私が1人でポツンとしやすいと思って、気を遣って話を振ってくださったんだと思うんです。岡田さんはたしか1つか2つ年下だと思うんですけど(※2)、すごく気遣いができる素晴らしい方だなと思いました。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

第5話は女性の方にとっては、ちょっとヒヤッとするような話です。ドラマの中で起こる怪異な出来事もそうですし、展開の中でもそういうふうに思ってしまう場面もあるのですが、最終的には温かい気持ちになってもらえるんじゃないかなと思うんですね。それが、どんな形で現れるのか、楽しみにしながら見ていただけたらなと思います!

(※1)5年間在籍した「モーニング娘。」を卒業後の2016年、英語とダンスを習うために17歳で単身アメリカ・ニューヨーク市などへ約2年間留学。
(※2)鞘師が23歳、岡田は21歳。(2021年9月2日時点)

<第5話あらすじ>
嘘が分かる能力を失い「助手を止めさせてほしい」と尚哉(神宮寺)が言う。高槻(伊野尾)は「分かった」と受け入れるが……。そんな中、何故か不幸続きの難波要一(須賀健太)が尚哉に泣きついてくる。原因は不幸の手紙にありそうだが、事もあろうに高槻は自分が代わりに呪われると言い出す。さらに「隣のハナシ」に新たな相談が入る。相談者は奈々子(鞘師)。一人暮らしの部屋で何度引っ越しても怖い体験が続くのだという。原因を調査すべく瑠衣子(岡田)と不動産屋に向かった高槻は、そこで店主の山口(螢)と息子の雅史(金井)に会う。

画像ギャラリー