眞栄田郷敦“壱成”、刺激強めのオレ様キスが話題「心臓が破裂しました」

眞栄田郷敦“壱成”、刺激強めのオレ様キスが話題「心臓が破裂しました」

二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、8月31日に放送。ネット上では、ラストに待ち受けていたキスシーンに衝撃を受けた人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画が原作。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていく。

桂木早梅(二階堂ふみ)
桂木早梅(二階堂ふみ)

花火大会当日。浴衣姿になった桂木早梅(二階堂)を見て目を奪われる片岡壱成(眞栄田郷敦)。出店めぐりでは「今日は俺が全部出すから財布はしまっとけよ。バイト代もでたし」と語りかける。ヨーヨー釣り、たこ焼き、わたあめ、射的と緊張しながらも花火デートを楽しんだが、浴衣を褒めることができない、手を繋ぐこともできない……と、一歩先には進めなかった。

そこに2人の仲を裂く菊乃(松井玲奈)の姿が。壱成と早梅が離れた瞬間、お互いに声をかけ、早梅のスマホをこっそり奪う始末。連絡が取れない早梅と壱成は離れ離れになってしまった。その後、菊乃は早梅を連れて裏山に。「あなたはいいわね。誰からも好かれて……。私とは大違い」と崖から突き落とし、早梅は転げ落ちてしまった。

旅館で働く仲間も一緒になって早梅を探す中、片岡成吾(岩田剛典)が発見。足を挫いた彼女のためにお姫様抱っこでベンチまで運んだ。花火が上がる中、成吾は早梅にキスをしようとするも拒まれてしまう。

その後、みんなと落ち合い黒瀬洸也(金子ノブアキ)らも安堵。会場周りを探していた壱成もやってきて「大丈夫かよ」とホッとした表情を見せた。彼は、迎えの車まで早梅を運ぶのだが、成吾とうって変わって肩に乗せて連れて行った。

帰宅後、壱成は、早梅の足に処置を施しながら「成吾のことどう思ってんの?」と問いかける。「老舗旅館の後継者だし、年も近いし、10年前の初恋の相手なんだろ? “付き合いたい”って思わねーの?」。今の気持ちは別だという彼女に対し「今の気持ちって?」と言いつつキス。「俺の気持ちははっきりしてる。だからテメーは俺のことだけ見とけよ。バカ女」と告白した。

ネット上では、成吾と壱成の運び方の違いに「正反対で良きw」「前代未聞すぎて好き」との声。突然のキスシーンには「破壊力すごかった」「心臓が破裂しました」「刺激強すぎ」とのコメントがあった。

次回は9月7日に放送。早梅と壱成は、しばらく2人暮らしすることになる。

画像ギャラリー