長谷川京子、田中圭の第肆話バディに「ビシッとカッコいい、重厚な相棒」

長谷川京子、田中圭の第肆話バディに「ビシッとカッコいい、重厚な相棒」

田中圭が主演を務めるHuluオリジナル『死神さん』(全6話/毎週金曜、新エピソード配信)が、9月17日(金)からHuluで独占配信スタート。第肆話に、儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中)の相棒役として、長谷川京子が出演する。

本作は、大倉崇裕の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描く。

陣野澄香(長谷川京子)
陣野澄香(長谷川京子)

長谷川が演じるのは、警視庁人事課の監察係・陣野澄香(じんの・すみか)。陣野は、いわゆるキャリア組。金町北署内で発生した押収物窃盗事件の犯人と疑われ自殺した同署会計課の女性警察官・桑山蘭(入山法子)とは警察学校の同期で、捜査の報告を受ける立場でもあったことから儀藤の相棒に指名されるが、「犯人は桑山しかいない」と断定する陣野は再捜査には後ろ向き。そのうえ警務部長から再捜査を妨害するよう指示されており……。果たして再捜査の行方は?

役について長谷川は「儀藤と出会って、彼女が自分を律していくというところは、非常に気丈だし、正義に対してすごく真剣に向き合おうとしている強い女性かなと思います」と語り、儀藤との長い掛け合いのシーンでは「儀藤は基本的に感情の変化がない人なので、その中で私が踊らされている感じが、すごく楽しかったです」と撮影を振り返った。儀藤を演じる田中は「監督が第肆話をシリアスめな回にしたいとおっしゃっていたのは、京子さんがビシッとカッコいい、重厚な相棒になってくれるからなんだなと思いました。撮影していて、本当に楽しかったです」とコメント。

そんなふたりが、容疑者死亡のまま書類送検されるという、これまでとは違うパターンの再捜査に挑む第肆話のPR映像を初公開!「何の再捜査をさせられるの?」と渋々儀藤に協力することとなった陣野と、自殺した警察官のあやしい関係、その裏には警察組織の隠蔽工作……。いつもとは一味違う事件にワクワクしている儀藤だが、果たして陣野は味方なのか? 噓が渦巻き、さらにミステリアスさが加速する内容となっている。

警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して真犯人を検挙するため、組織内で嫌われている儀藤。そのため、彼の相棒となる者もまた疎まれ、出世の道を閉ざされてしまう運命にある。儀藤に振り回されながら再捜査に加わっていた相棒たちも、事件の真相を徹底的に追い求める儀藤の姿に触れ、次第に自身の考えや生き方を変えていくことになるのだが……。

<長谷川京子 コメント>                      
陣野はエリートでここまで来た女性ですが、警視庁の中で上に上がって組織を変えたいという野望がありつつも、組織にまみれていくという部分も正直あって。組織に馴染まないと上に上がれない、という気持ちもきっとあったと思いますが、その中でこの事件が起き、儀藤と出会って、彼女が自分を律していく、というところは、非常に気丈だし、正義に対してすごく真剣に向き合おうとしている強い女性かなと思います。儀藤の相棒役はすごく楽しかったです。儀藤は基本的に感情の変化がない人ですが、儀藤との長い掛け合いのシーンでは、儀藤の感情の変化みたいなものが見られ、その中で私が踊らされている感じが、すごく楽しかったです。ドラマの見どころはやはり、儀藤との掛け合いです。同じ組織の人間ですが、外部の人間みたいな起爆剤がやって来て、彼女が変わっていく様を観ていただけたらと思います。

<第肆話あらすじ>
金町北署が押収物として保管していた現金4000万円が盗まれた。署内の保管室に日常的に出入りしていて、事件後に金遣いが荒くなったという噂の会計課の警察官・桑山蘭(入山)が捜査線上に浮かび上がるが、桑山は取り調べ前に自殺してしまう。儀藤(田中)は、警視庁人事課の陣野澄香警視正(長谷川)を相棒に指名して再捜査を始める。陣野は桑山の警察学校時代の同期であり、捜査の報告を受ける立場にあった。陣野は一貫して桑山が犯人で再捜査は意味がない、というスタンスであったが、儀藤と捜査を進めるうちに、金町北署のずさんな捜査に気付き始め……。

画像ギャラリー