中村倫也の暗黒時代を支えた恩人たちが豪華すぎると驚愕!

中村倫也の暗黒時代を支えた恩人たちが豪華すぎると驚愕!
最新エピソードを無料視聴

中村倫也が、8月29日に放送された『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)の林修先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する大人気企画「インタビュアー林修」に出演。SNS上では、中村の苦しい時代を支えた恩人たちのラインナップが凄すぎると話題となっていた。

デビュー当時、中村は“生意気で自分が世界の中心”だと思っていたといい、それが原因で仕事がもらえなかった「暗黒期」を振り返った。

ある日、友人・ムロツヨシにいつものように愚痴を聞いてもらっていると、業を煮やしたムロから喝を入れられたそう。しかし、そのおかげで「人生を変えるには自分を変えるしかない」と改心し、すべてを素直に受け入れて仕事に臨むことに。

また、暗黒期から抜け出すべく足を踏み入れた演劇の世界で、ムロの他にも自分を支えてくれた恩人たちがいたことを明かした。それは堤真一古田新太八嶋智人など、日本のドラマ界・映画界の支柱と呼ばれるラインナップ。それぞれのエピソードを紹介しながらも、阿部サダヲに至っては「圧倒的すぎてかなわない。演技の神様に愛されている。出ていくだけで空間が全部自分のものになる。憧れ!」とべた褒めした。

こうして中村が、無事に暗黒期を抜け出せたのは「自ら心を変えて動いたり、物事、人、仕事に対しての眼差しをフラットにしたりしたからだと思う」と自己分析した。そして、「何事も“成功”と“失敗”で考えず、“やる”か“やらないか”で考えている」と持論を展開すると「後輩に対しても『大人になって失敗するとしんどいので、今のうちに失敗したほうがいいよ!』とアドバイスしている」と明かした。

SNS上では中村を支えた恩人たちに対し「私もこの5人に相談したい」「どの人も好きな俳優さん」「堤さんのエピソードに胸キュン」と言ったコメントが見られた。

次回は9月5日放送。東京五輪レスリング・銀メダリスト文田健一郎が登場する。