小芝風花“愛”と中島健人“宗介”、思いを伝えようとするが…

公開:

Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第7話が、8月24日に放送される。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

先週放送された第6話では、雨の中で宗介が愛を抱きしめるシーンが話題に。ネット上では「キュンだらけ」「ドキドキが止まらん」「雨ハグやばい」とのコメントが。また、2人の様子を傘もささずに見ていた樋口拓也(赤楚衛二)については「健気」「切なすぎ」​​といった声があった。

<第7話あらすじ>
昔も今も、宗介(中島)が好き――。自分の気持ちに気づいた愛(小芝)は、すべてを打ち明けようと宗介の元へ急ぐが、そこには桐山梨沙(佐久間由衣)の姿が。物陰から2人の様子を見ていた愛は、梨沙がいまだに愛のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたことを知りショックを受けるが、それでも梨沙を問いただすことはできない。

樋口拓也(赤楚衛二)の決意とは?
樋口拓也(赤楚衛二)の決意とは?

一方の宗介は、愛を思う気持ちが日に日に強くなり、その思いを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口(赤楚)は、もはや自分の恋が実ることはないのだと、ある決意をするが……。

数日後、宗介は編集長とともに、レストランチェーンの役員と会食を楽しんでいた。その席で、手渡された広報誌に目を通していた宗介は、あるページに見覚えのある顔を見つけ、顔色を変える。

桐山梨沙(佐久間由衣)
桐山梨沙(佐久間由衣)

編集部では、部員たちが体調を崩した樋口のことを心配していた。愛がホテルで火災に巻き込まれた日、樋口もまた、雨が降りしきるなか愛を心配して駆けつけ、ずぶぬれになり風邪を引いていたのだ。そのことを初めて知った愛は……。

画像ギャラリー

PICK UP