小手伸也、田中圭の第壱話バディに『死神さん』

大邊誠(小手伸也)、儀藤堅忍(田中圭)
大邊誠(小手伸也)、儀藤堅忍(田中圭)

田中圭が主演を務めるHuluオリジナル『死神さん』(全6話/毎週金曜、新エピソード配信)が、9月17日(金)からHuluで独占配信スタート。第壱話に、儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中)の相棒役として、田中とは初共演となる小手伸也が出演する。

本作は、大倉崇裕の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描く。

大邊誠(小手伸也)
大邊誠(小手伸也)

45歳で“シンデレラおじさん”として大ブレイクし、確かな演技とチャーミングな存在感でテレビや舞台、映画など、ますます活躍の場を広げる実力派俳優の小手。1年前に発生した資産家強盗殺人事件の担当刑事で、当時、自分の意見が捜査にまったく採用されないまま容疑者が逮捕されたため、捜査に対する疑問を感じるも、自身の心に蓋をする大塚東署の叩き上げ中年刑事・大邊誠(おおべ・まこと)を演じる。

大邊は、逮捕された被告に無罪判決が出たことにより、儀藤の再捜査の相棒に任命され、今さら事件を再捜査することに反発するものの、次第に儀藤の型破りな捜査に魅了されていくという役どころ。そんな大邊の名バディぶり(!?)を収めた第壱話PR映像が公開中。「もう逃がしません」と儀藤に手錠をかけられ無理やり相棒にさせられた大邊は、終始、儀藤のペースに巻き込まれ、しまいにはふたりでメイド喫茶に! 大邊がたまらず儀藤に声を荒げる姿も映し出され、スリリングながらも堤幸彦ワールド全開の内容になっている。

警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して真犯人を検挙するため、組織内で嫌われている儀藤。そのため、彼の相棒となる者もまた疎まれ、出世の道を閉ざされてしまう運命にあります。当初は嫌々、再捜査に加わっていた相棒たちも、事件の真相を徹底的に追い求める儀藤の姿に触れ、次第にその考えや生き方を変えていくことになるが……。果たして再捜査後の彼らにはどんな未来が待ち受けているのか。事件ごとに替わる儀藤の捜査のバディも本作の大きな見どころのひとつ。第弐話以降のゲストも順次、発表予定となっている。

<小手伸也 コメント>
短いようで長いようで、結果的にあっという間の撮影期間でしたが、非常に刺激的で楽しい思いをいっぱいさせていただきました。田中圭さんと初めて一緒にお芝居できましたし、警官のバディものにすごく憧れていたので、やっとこういう役が演じられて、すごく嬉しかったです。

<第壱話あらすじ>
1年前に発生した大塚資産家殺人事件の被告に無罪判決が下った。当時、事件を担当していた刑事・大邊誠(小手)は、立て続けに毒ガス・爆弾騒ぎを起こしていたエンジェル伊藤と名乗る愉快犯を追っていた。その捕り物の最中に、大邊は奇妙な男に拘束されてしまう。その男は「警視庁から来ました儀藤堅忍です。」と名乗った。儀藤(田中)は、警視庁内で死神と呼ばれる、再捜査専門の刑事だった。大邊は儀藤に反発するが、次第に、その型破りな捜査に魅了されていき……。

画像ギャラリー